ティソ

リーズナブルに高品質時計を作り出すティソ!その魅力やおすすめモデルとは!?

ティソは、生産量世界一を誇るスイスの時計ブランドです。スイスメイドの確かな製品を手頃な価格で提供しています。

2021.3.3 / 4032

広告

ティソの基本データ

基本情報

ブランド名
TISSOT(ティソ)
本拠国
スイス スイス
創業年
1853年年
創業者
シャルル・フェリシアン・ティソ
新品予算
5万円~20万円
中古予算
3万円~15万円
URL
SNS
関連ワード
映画,モータースポーツ,バイク,オート,バスケット

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ティソってどんなブランド?

  • TISSOT(ティソ)
  • TISSOT(ティソ)
  • TISSOT(ティソ)
  • TISSOT(ティソ)
  • TISSOT(ティソ)
  • TISSOT(ティソ)

"世界中で多くの人に愛用されているスイスの一大時計ブランド!"

ティソ」は、1853年創業の長い歴史を持つスイスの老舗時計ブランドです。
日本ではあまり馴染みがないブランドですが、年間生産本数世界一を誇るビッグウォッチサプライヤーであり世界で多くの人に愛用されています。

ティソの時計は、基本に忠実な作りを基調とし、ディティールまでしっかりと作りこまれた隙のないものとなっています。
そのクオリティは名だたる高級ブランドにも一切引けをとならいといえるでしょう。
しかしながら価格帯は5万円~20万円程度とリーズナブルな設定となっており、非常にコストパフォーマンスに優れた時計で人気を集めています。

コレクションのラインナップも非常に幅広く、クラシカルなドレスウォッチから本格的なスポーツウォッチ、最新のスマートウォッチまで展開しています。

メディアにも登場することがあり、ドラマ『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』では、俳優北大路欣也が「PRC2000クロノグラフ」を着用し、映画『ミッションインポッシブル:ローグネイション』では俳優トム・クルーズが「T -Touch Expert Solar」を着用、映画『Mr.&Mrs. スミス』では、女優アンジェリーナ・ジョリーが「T Touch T337.788.51」 を着用するなどしていました。

広告

ティソの魅力とは?

ティソの魅力は”スイスメイドの高品質ながらリーズナブルな価格“といえるでしょう。

時計大国スイスの老舗として長い歴史を持つティソは、高級ブランドと比較しても見劣りない高い品質を備えながらも、求めやすい価格設定は非常にコストパフォーマンスに優れた時計となっています。

ティソの定番コレクション

ティソのコレクションを紹介しています。

広告

ティソはこんな人におすすめ!

決して目立つようなブランドではありませんが、価格以上のクオリティとパフォーマンスを誇るティソの時計。

そんなティソは、ステータスや名声よりもオーセンティックなものにこだわる本物志向な人に選ばれるブランドともいえます。

クオーツモデルも多いので、時計初心者や、常用として思い切り使える時計を求める人におすすめです。

幅広いコレクションやモデルがあり、好みの1本を見つけやすいブランドとなっています。

スイスメイドながら高価過ぎない時計はプレゼントウォッチとしても最適でしょう。

ティソの愛用芸能人・有名人

ティソの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

ティソの歴史

ティソ(TISSOT)は、スイスの町、ル・ロックルで時計師のシャルル・フェリシアン・ティソと、息子のシャルル・エミール・ティソにより、1853年に創業された。

当初は集めた各パーツを組み立て販売するエタブリスールとしてスタート。
1915年には時計製造のオートメーション化に成功しており、マニュファクチュールとしての存在感を強めると世界中へその名が知れ渡っていった。

時計の開発においては、現在の時計界のトレンドとなっているアンチマグネティックウォッチを、1930年に早くも発表。
さらにプラスチックムーブを搭載した1971年の「アストロロン」、アルプスの花崗岩をケースに採用した1985年の「ロックウォッチ」、タッチセンサー式マルチファンクションを備えた1999年の「T-タッチ」など、機構、素材、先進技術といった多彩な面で時計開発の新たな可能性を切り拓いていった。

創業後すぐは伝統的な時計作りを行っていたが、息子シャルル=エミール・ティソの代になってからはスイスの老舗時計メーカーとは違った路線を歩み始める。
他のメーカーが手作りにこだわり続ける中、多生産数製造方法に改良し、近代的な産業としての時計メーカーに成長させる。
トラディショナルウォッチの分野においては現在も世界トップクラスの生産量を誇っている。

スポーツ業界でも確固たる地位を築き、バイクレースの最高峰「MotoGP」、アメリカで最も人気のあるモータースポーツ「NASCAR」、世界最大のスポーツイベントと呼ばれる自転車レース「ツール・ド・フランス」、プロバスケットボールリーグであるNBAや、世界的な自転車レースであるツール・ド・フランスなど、各スポーツの公式時計として採用時計として採用されている。

現在も創業地であるル・ロックルの伝統を元にした機械式時計から、先進のハイテク時計まで、多彩なコレクションを展開中。
創業160周年を迎えた2013年には、ブランド初のスケルトンウォッチや、80時間パワーリザーブとクロノメーター精度を両立した「パワーマティック80」を搭載し、10万円以下という破格の時計「ラグジュアリー オートマティック」を発表するなど、一挙手一投足に絶えず世界中から注目を集まっている。

他者を寄せ付けない圧倒的な正確さと、革新的な生産性から生み出されるハイコストパフォーマンスな時計で時計界の中心に座するブランドのひとつ。

ティソの新品・中古はいくらで買えるの?

ティソ新品の購入予算は 5万円~20万円 くらい、中古の購入予算は 3万円~15万円 が目安です。

広告

ティソとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告