ロレックス

時計界の王様、ロレックス!その魅力やおすすめモデルとは!?

ロレックスは、時計界の王といわれる世界一有名な高級時計ブランドです。時計界を代表する名作コレクションが揃います。

2021.3.3 / 4015

広告

ロレックスの基本データ

基本情報

ブランド名
ROLEX(ロレックス)
本拠国
イギリス イギリス
創業年
1905年
創業者
ハンス・ウイルスドルフ
新品予算
80万円~300万円
中古予算
40万円~150万円
URL
SNS
関連ワード
ダイバー,探検家,レーシングドライバー,パイロット,ドーバー海峡横断,クラウン

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ロレックスってどんなブランド?

  • ROLEX(ロレックス)
  • ROLEX(ロレックス)
  • ROLEX(ロレックス)
  • ROLEX(ロレックス)
  • ROLEX(ロレックス)
  • ROLEX(ロレックス)
  • ROLEX(ロレックス)
  • ROLEX(ロレックス)

"世界一有名な時計ブランドとして、時計界の王者として君臨するブランド!"

ロレックス」は、時計界の王といわれるイギリスの世界一有名な高級時計ブランドです。

世界中のセレブや著名人にこぞって愛用されており、まさに「成功者にふさわしい時計」として認知されています。

そんな名声が先行するロレックスですが、高い時計開発力から優れた製品をこれまで生み出してきました。
高防水機能の「オイスターケース」、永久自動巻の「パーペチュアル」、ディスク式日付表示機能の「デイト」は、ロレックスの3大発明として広く知られています。

そのような独自機能を備えた製品は、クオリティや実用性を見ても非常に素晴らしい時計となっています。
“壊れにくい時計”といわれるロレックスは、ユーザー目線に立った製品は日常使いとしても使いやすく耐久性に優れ長年に渡って使える品質となっています。

ロレックスは、コレクションにおいても名作揃いとなっており「デイジャスト」、「デイデイト」、「サブマリーナ」、「エクスプローラー」、「GMTマスター」、「コスモグラフ デイトナ」など時計界でも花形といえるタイムピースが多いことも特徴です。
エレガントで高級感溢れるドレスウォッチから、シンプルで洗練されたスポーツウォッチまでラインナップしています。
伝統を守り抜きながらもマイナーチェンジを繰り返し、現代的な需要に合わせた製品作りを行う姿勢も常に持っています。

時代を超える永遠のトップブランドは素晴らしいタイムピースを生み出し続けています。

広告

ロレックスの魅力とは?

ロレックスの最大の魅力は、”圧倒的なステータス性“と”優れた実用性“と”高い資産価値“といえるのではないでしょうか。

やはり、有名なクラウンロゴが彫刻されたロレックス時計の誰もが憧れるそのステータス性は魅力です。
またオイスターケースなどをはじめとする独自技術により、優れた耐久性と機能性を持つロレックスは優れた実用性も愛されている理由となっています。
さらに、永遠のトップブランドとして世代や時代を超える資産価値もロレックスの魅力です。

ロレックスの定番コレクション

ロレックスのコレクションを紹介しています。

人気

コスモグラフ デイトナ

COSMOGRAPH DAYTONA

""キングオブクロノグラフ"の名で称えられるロレックスで一番人気のコレクション!"

コスモグラフ デイトナは、ロレックスの中でも絶対的な人気を誇るレーシングウォッチコレクションです。キングオブクロノグラフの名で称えられる世界の時計ファンの憧れのタイムピースとなっています。

新品予算 350万円~1000万円

ハイエンド

パールマスター

PEARL MASTER

"ロレックスの最高峰となる豪華絢爛なハイエンドコレクション!"

パールマスターは、最高峰の宝石を用いたジュエリーウォッチコレクションです。最高のステータスと素材を持つ至高のラグジュアリーウォッチです。

新品予算 300万円~800万円

広告

ロレックスはこんな人におすすめ!

ステータス、実用性、資産価値すべてを揃えるロレックスは、まさに万人におすすめできる時計ブランドといえるでしょう。
初めて高級時計ブランドを購入したい高級時計初心者の人にもまず間違いのないブランドです。

豊富なコレクションラインナップにより年代や好みに合わせたデザインを見つけやすく、また価格帯も高級時計ブランドではミドルクラスにあたるため比較的手に入れやすいことも魅力です。

一生モノとしてはもちろん、世代を超えて継いでゆける1本をお探しの人にもおすすめです。

ロレックスの愛用芸能人・有名人

ロレックスの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

ロレックスの歴史

ロレックス(ROLEX)は、1905年にハンス・ウイルスドルフによって設立された時計ブランド。

創設者のハンス・ウイルスは腕時計の普及をいち早く見抜いた人物だといえる。
ロレックスがトップブランドの地位を獲得したのは現在に至るまで引き継がれている3大発明オイスターケース」、「パーペチュアル」、「デイトジヤスト」にあると言えるだろう。

1つ目の発明「オイスター」は文字盤の裏が牡蠣のようなケース形状で密閉性を実現した世界初の防水腕時計で、1926年には特許を取得する。
このケース構造により、高精度のムーブメントを水分や埃から保護できる密室性を実現し、あらゆる環境下で正常に動作する腕時計は時計界に衝撃を与える。
1927年、ドーバー海峡横断チャレンジを成功させたメルセデス・グライツが身につけていたことでその存在は世に広まる。

2つ目の発明は1931年に完成した自動巻き機構「パーペチュアル」。
世界初となる全回転方式が採用され、身に着けていれば永遠に止まらない最も進んだ自動巻き機構として時計界に多大な影響を与える。

3つ目の発明となる「デイトジャスト」1945年に開発される。
深夜0時になると日付が自動的に切り替わる機構により、日付を瞬時に切り替えることができる機能で従来までのカレンダー表示の常識を打ち破った。
ロレックスの多くの時計は、いまも「オイスター」ケースと「パーペチュアル」を標準装備している。

ロレックスの3代発明とも称される機構の完成を終えた1950年代には、プロ仕様の打ち出した製品を展開。
ダイバーズウォッチの「サブマリーナー」や探検家のための「エクスプローラー」、パイロットのための「GMTマスター」、レーシングドライバーのための「コスモグラフ デイトナ」と、現在に至るまでさまざまな分野において高機能な名作時計を発表している。

ロレックスは従来の職人の手によるムーブメント製造を機械化することによって、パーツひとつひとつの品質を保った高度なクオルリティコントロールことができるようになり、高い精度や耐久性を持った製品の量産を可能にした。

その独自の特殊技法と完璧と言える品質管理からリリースされるプロダクトの信頼性は高く、世界でトップクラスの人気を得るブランドの座を不動のものとしている。

ロレックスの新品・中古はいくらで買えるの?

ロレックス新品の購入予算は 80万円~300万円 くらい、中古の購入予算は 40万円~150万円 が目安です。

広告

ロレックスとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告