フォルティス

時計界屈指のタフウォッチを生み出すフォルティス!その魅力やおすすめモデルとは!?

フォルティスは、過酷な環境でも耐えるタフなプロフェッショナルウォッチを作り続けているスイスの時計ブランドです。

2021.3.3 / 2917

広告

フォルティスの基本データ

基本情報

ブランド名
FORTIS(フォルティス)
本拠国
スイス スイス
創業年
1912年年
創業者
ヴァルター・フォグト
新品予算
20万円~40万円
中古予算
10万円~20万円
URL
SNS
関連ワード
スペースウォッチ,パイロットウォッチ,宇宙,ISS

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

フォルティスってどんなブランド?

  • FORTIS(フォルティス)
  • FORTIS(フォルティス)
  • FORTIS(フォルティス)
  • FORTIS(フォルティス)

"宇宙環境までも視野に"強い"時計を作り出すブランド!"

フォルティス」は、1912年から続く100年以上の歴史を持つ時計ブランドです。

“フォルティス”は、ラテン語で”強い“という言葉で、その名のように、機能性・堅牢製・防水性に優れたタフでハイスペックな時計を作り出しています。

また宇宙分野においても深い繋がりを築いており、宇宙飛行士の装備品にも採用されています。
宇宙という究極の環境下でも精確に時を刻む時計として最高度の信頼性を確立しています。

人気のコレクションは、宇宙分野で数々の功績を残すフラッグシップ「コスモノーティス」や、高い耐圧性と視認性を備えたパイロットウォッチの「アビアティス」、本格スペックのダイバーズウォッチ「アクアティス」などとなっています。

過酷な環境に身を置くプロに向けたプロフェッショナルウォッチを作り続けています。

広告

フォルティスの魅力とは?

フォルティスの魅力は”男らしいルックス“と”アクティブに使えるタフスペック“といえるでしょう。

強くたくましいビジュアルは腕元でその存在感を放ってくれます。
また、堅牢なスペックはアウトドアや日常使用においても存分に使うことができます。

フォルティスの定番コレクション

フォルティスのコレクションを紹介しています。

広告

フォルティスはこんな人におすすめ!

さまざまな環境に耐えるタフで強い時計を求める人におすすめです。

スポーツ選手や、登山家、探検家、レスキュー隊員、自衛官、警備員など特殊な仕事に携わる人には信頼できる相棒となるでしょう。

抜群の品質と機能性の高さを誇りながら、手が届きやすい価格設定となっており、幅広い層の人に選びやすい時計となっています。

フォルティスの愛用芸能人・有名人

フォルティスの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

フォルティスの歴史

フォルティス(FORTIS)は、1912年スイスのグレンヘンにおいて、ヴァルター・フォグトが設立したブランド。
ブランド名の”FORTIS”はラテン語で”強い“という意味で、創設者ヴァルター・フォグトが目指していたのは、過酷な環境下でも正確な時間を刻む最高品質のスイス製腕時計を生産することであった。

同社はその名の通り、耐水性、耐水圧、対塩水性、耐久性などに富んだ最高度の信頼性を誇る腕時計を製造し、さまざまな分野で活躍するプロたちから支持されている。

またフォルティスは、世界で初めて自動巻腕時計の商品化に成功したことで有名なブランドでもある。
1926年、世界最大の時計見本市「バーゼルワールド」にて発明家のジョン・ハーウッドとの共同開発の末に発表した世界初の自動巻き腕時計は世界を驚かせ、同社の技術力を皆が知ることとなった。

その後もクロノグラフや防水自動巻き時計、機械式アラーム時計など、意欲的に時計技術の研鑽を積む一方で、1967年にはプラスチックを使った世界初の時計「フリッパー」を発表するなど時計界のパイオニア的存在として時を歩んできた。

さらに1990年代に登場した「コスモノート クロノグラフ」は、機能性・耐久性、精度などであらゆる厳格なテストをクリアし、ロシアのユーリ・ガガーリン宇宙訓練センターのオフィシャルウォッチとして認定される。
以来、同センターから飛び立つ宇宙飛行士の公式装備品として採用されている。
またISS(国際宇宙ステーション)におけるGTS宇宙開発計画にも公認されサポートを続けている。

この「コスモノート クロノグラフ」の後継機として「オフィシャル・コスモノート」、「ストラトライナー」、「クラシック・コスモノート」といったシリーズを展開。
また宇宙をテーマにしたシリーズ以外にも、航空機の操縦時を想定し視認性を追及した「フリーガープロ」シリーズ、徹底的に無駄を省いたシンプルなデザインの「スペースマティック」、フォルティス初期のデザインをベースにした「パイロット・クラシック」シリーズ、地球をテーマとする「テレスティス・コレクション」などを展開している。

フォルティスの時計は、手間暇かかる作業でも、精度チェックと防水テスト以外は全て、熟練の時計職人による手作業が行われているからこその品質を生み出しているのである。

ミリタリー仕様の本格スペックウォッチだけでなく、デザインでの独自性を現在も追及している。
数学を想起させる文字盤デザインを施した「IQウォッチ」や息を吹き掛けると曇りガラスがクリアになっても地盤が読めるようになる「フリッソン」など、目にも楽しい個性ウォッチを展開しているる。
2010年にはシカゴ建築デザイン博物館によるグッド・デザイン賞、2011年に「B-47ブラックモンスター」がグッド・デザイン賞2011を受賞するなど結果も残す。

ハイスペックの追求への道を歩み続けるブランドだ。

フォルティスの新品・中古はいくらで買えるの?

フォルティス新品の購入予算は 20万円~40万円 くらい、中古の購入予算は 10万円~20万円 が目安です。

広告

フォルティスとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告