ラルフ ローレン

良いとこ取りのラルフ ローレンの腕時計!その魅力やおすすめモデルとは!?

ラルフ ローレンは、世界で人気のメンズファッションブランドです。そのラルフ ローレンの時計も秀逸なデザイン性と優れたムーブメントを兼ね備えた素晴らしい製品となっています。

2021.3.3 / 2341

広告

ラルフ ローレンの基本データ

基本情報

ブランド名
RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)
本拠国
アメリカ アメリカ
創業年
2007年
創業者
ラルフ・ルーベン・リフシッツ
新品予算
20万円~80万円
中古予算
10万円~40万円
URL
SNS
関連ワード
ファッション,Polo,デザイナー,メンズウェア,乗馬

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ラルフ ローレンってどんなブランド?

"魅惑的なラグジュアリーウォッチを展開する大手メンズウェアブランド!"

ラルフ ローレン」は、世界で絶大な人気と知名度を誇るメンズを中心とするラグジュアリーファッションブランドです。
アメリカントラッド“、”アイビーファッション“の中心的なブランドとしても代表され、特に高級スーツやポロシャツなどのアイテムでは絶大な人気を誇ります。

そんなファッション界のカリスマブランドのラルフ ローレンが手がける時計も業界で高い評価を得ています。
時計メゾンでは行き着かない独特の世界観を確立したデザインのタイムピースとなっています。
一切つけ入るスキがない美くも味のある独特なセンスはさすがです。
また、クロノメーターをはじめスイスの名門メーカーの最高品質ムーブメントを搭載しており中身に関しても一流時計メゾンと遜色ないクオリティとなっておりオーセンティックな高級時計として時計通にも人気を集めています。

まさに”良いとこどり“の時計といえるラルフ ローレンウォッチは、世界中で愛されています。

広告

ラルフ ローレンの魅力とは?

ラルフ ローレンウォッチの魅力は、”抜群のセンス“と”確かな品質“といえるでしょう。

ファッションブランながら決して奇をてらうような派手派手しいデザインではなく、クラシカルで味わい深いデザインが圧倒的なセンスの良さを感じさせます。
決して全体のコーディネートを崩さない控えめなおしゃれさに、愛着が沸く手に馴染じむ時計はラルフ ローレンウォッチならではの魅力です。

また、一流メゾンのムーブメントを採用していることにより本物の高級時計といえることも大きな魅力です。
その本格時計造りに挑む姿は、時計愛好家からも慕われています。

ラルフ ローレンの定番コレクション

ラルフ ローレンのコレクションを紹介しています。

スリムクラシック

SLIM CLASSIQUE

"ギョーシェ装飾にブレゲ針など 時計史に敬意を表するコレクション!"

端正で上品なコレクションとなるスリムクラシック。ギョーシェ装飾にブレゲ針など 時計史に敬意を表するタイムピースです。

新品予算 80万円~200万円

新作

オートモーティブ

AUTOMOTIVE

"創業者の愛するクラシックカーをリスペクトしたコレクション!"

2012年に発表されたオートモーティブ。1938年型 ブガッティ タイプ57SC アトランティック クーペからインスパイアされたタイムピースとなっています。

新品予算 50万円~100万円

ロングセラー

RL867

RL867

"アールデコの美の真髄を表現したコレクション!"

RL867は、クラシカルなスクエアケースに、アールデコをオマージュしたデザインでエレガンスさが漂う上品なドレスウォッチコレクションです。

新品予算 50万円~70万円

広告

ラルフ ローレンはこんな人におすすめ!

ファッショナブルな時計でありながらも、クオリティーの高い機械式時計を求める人におすすめのブランドです。

形式美をユニークに表現したデザインは、普通の時計では満足できないおしゃれにこだわる人に選ばれています。

誰もが知っているラルフローレンの名は、高いステータス性を持っています。

ファッションブランドの時計を探している人は一度検討して欲しいところです。

ラルフ ローレンの愛用芸能人・有名人

ラルフ ローレンの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

ラルフ ローレンの歴史

ラルフ ローレンは1968年アメリカのニューヨークで設立されたファッションブランド。
創業者の本名はラルフ・ルーベン・リフシッツで、自身の愛称を冠するかたちでブランドを設立した。
元々はメンズウェアのネクタイ販売から成功した同社は独自の製品ライン「Polo」を考案し、ポロシャツの代名詞ブランドとしてのその名は世界的に広まることになる。

その後欧州の伝統的なファッションスタイルをアメリカ流に落とし込んだ製品で、アメリカントラッドやアイビーファッションを代表するブランドとして発展し、高級スーツやポロシャツなどのメンズウェアなどを主力とした屈指のファッションブランドの地位を築く。

こうしてアパレルで大成功を収めていた創業者ラルフ ローレンは、熱狂的な時計愛好家であり自身の抱いていた理想の腕時計を作り出すべく新境地へ進む。

2007年よりヴァシュロン・コンスタンタンやジャガー・ルクルト、IWCなども所属する一大グループ、「リシュモン・グループ」をパートナーに迎え、スイス・ジュネーブにラルフ・ローレン ウォッチ&ジュエリー・カンパニー創設し、「時計の歴史に残るような作品を」をモットーに時計開発に着手する。

ジャガールクルト」、「IWC」、「ピアジェ」などの一流マニュファクチュールからムーブメントを提供された同ブランドのプロダクトは本格派機械式時計であると言える。

2009年には早くもSIHHでデビュー。
第一弾コレクションでは、乗馬で使用するあぶみをモチーフにした「スティラップ コレクション」、アールデコスタイルの「スリム クラシック コレクション」、機能美溢れるアクティブなデザインの「スポーティング コレクション」という3コレクションが発表され、ラルフ ローレンの理想とする腕時計が発表された。

ラルフローレンの時計は他のファッションブランドの時計と同様にデザイン性を重視した時計が数多くラインナップされている。
毎年のSIHH(ジュネーブサロン)にて意欲的な新作を数多く発表中し、展開するアイテムはレディース用の小ぶりなクオーツウォッチから、ハイエンドのトゥールビヨンまで多彩。

いずれの製品も魅惑的でラグジュアリーな繊細さと、独特の存在感を備えており、ブランドのファンはもちろんのこと玄人をも唸らせてきた。

さらに、2013年にはクロノメーター仕様で20万円台という破格のエントリーモデル発表し話題を呼ぶ。
ラルフローレンは、ファッションブランド派生ながらもその本格的な製品や情熱的な姿勢から、時計愛好家からも慕われる稀代のブランドといってもよいだろう。

ラルフ ローレンの新品・中古はいくらで買えるの?

ラルフ ローレン新品の購入予算は 20万円~80万円 くらい、中古の購入予算は 10万円~40万円 が目安です。

広告

ラルフ ローレンとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告