グラスヒュッテ・オリジナル

ため息が出る美しい時計、グラスヒュッテ・オリジナル!その魅力やおすすめモデルとは!?

グラスヒュッテ・オリジナルはドイツの名門時計ブランドです。洗練された美しさ溢れるタイムピースを作り出しています。

2021.3.3 / 7270

広告

グラスヒュッテ・オリジナルの基本データ

基本情報

ブランド名
GLASHUTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)
本拠国
ドイツ ドイツ
創業年
1845年年
創業者
フェルディナント・アドルフ・ランゲ
新品予算
40万円~200万円
中古予算
20万円~150万円
URL
SNS
関連ワード
船舶,グラスヒュッテ

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

グラスヒュッテ・オリジナルってどんなブランド?

  • GLASHUTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)
  • GLASHUTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)
  • GLASHUTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)
  • GLASHUTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)
  • GLASHUTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)
  • GLASHUTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)
  • GLASHUTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)

"ドイツ時計の至高として崇められる真のマニュファクチュールブランド!"

グラスヒュッテ・オリジナル」は、時計製造においてスイスと並ぶ一大生産地となるドイツのグラスヒュッテに本拠地を構えるマニュファクチュールウォッチブランドです。

日本ではあまり馴染みはありませんが、時計界では一流として知られる紛れもない格式高い名門ブランドです。

グラスヒュッテの伝統技法に基づいて、手作業を中心にムーブメントはもちろん細かいパーツに至るまでおよそ97%を自社で製造していることから”真のマニュファクチュール“と呼ばれています。

グラスヒュッテ・オリジナルの時計は、洗練された文字盤デザインやムーブメントはため息ものの美しさを誇り、すべてのモデルに高級感が溢れています。

王道のドレスウォッチからスポーティな腕時計まで展開しており、デザイン性・ムーブメント性能・外装仕上げといった全ての項目が高いクオリティで仕上げられています。

同じドイツブランドとして「A.ランゲ&ゾーネ」と必ず比較されますが、どちらもフェルディナント・アドルフ・ランゲが時計工房を興したのが起源となり元を辿れば血を同じくするブランドです。
現在、A.ランゲ&ゾーネはそのライバルにあたる「リシュモングループ」に所属し、グラスヒュッテ・オリジナルは「スウォッチグループ」に所属しています。

広告

グラスヒュッテ・オリジナルの魅力とは?

グラスヒュッテ・オリジナルの魅力は”極上の美しさ“といえるのではないでしょうか。

ドイツらしい機能美に溢れるデザインに、伝統と一流の職人技によって緻密に丁寧に仕上げられた製品は見とれてしまう美しさを放っています。

またA.ランゲ&ゾーネより手が届きやすいのも魅力です。

グラスヒュッテ・オリジナルの定番コレクション

グラスヒュッテ・オリジナルのコレクションを紹介しています。

フラッグシップ

パノ

PANO

"特徴的なアシメトリの文字盤が革新的なコレクション!"

グラスヒュッテ・オリジナルで最も人気のパノ。オフセンターダイヤルが特徴の繊細で美しいドレスウォッチです。

新品予算 90万円~200万円

広告

グラスヒュッテ・オリジナルはこんな人におすすめ!

質実剛健なドイツ時計が好きな人や、スイスブランド以外の本格高級ブランドをお探しの人におすすめしたいブランドです。

一般知名度は高くありませんが、時計通からは一目置かれること間違いないブランドとなっています。

グラスヒュッテ・オリジナルの愛用芸能人・有名人

グラスヒュッテ・オリジナルの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

グラスヒュッテ・オリジナルの歴史

グラスヒュッテ・オリジナル(GLASHUTTE ORIGINAL)は、その名の通りドイツ東部ザクセン州の町グラスヒュッテに、1845年、A.ランゲ&ゾーネの創始者であるフェルディナント・アドルフ・ランゲが工房を開いたことで始まる名門ブランド。

会社の正式名称はGlashütter Uhrenbetrieb GmbH(グラスヒュッテ時計製造会社)。

グラスヒュッテ地方伝統の時計作りを実践し、戦時や不況の中でもクロノメーター精度の名機Cal.70.1、Cal.70.3を搭載したタイムレスデザインの中3針ウォッチや船舶用のマリンクロノメータークオーツウォッチに至るまで着実に新たな時計開発を挑んできた。

1990年には旧国営企業から民営化され、ブランド名も正式に「グラスヒュッテ・オリジナル」と定めて再出発する。
機械式のみのラグジュアリーブランドへと生まれ変わると、1995年にはフライング・トゥールビヨンと永久カレンダーを搭載した「ユリウス・アスマン1」を発表。
1997年の「セネタ」や、2000年の「パノ」など、現在も同社を代表する製品を開発していった。

2000年にはブレゲやオメガ、ジャケ・ドローなどを擁するスウォッチグループの傘下へと入り、さらに2001年からは、20世紀前半に同社を支えたフライング・トゥールビヨンの名手に敬意を表し、「グラスヒュッテ・オリジナル・アルフレッド・ヘルヴィッグ時計学校」を旧時計学校建物へ移設。ドイツ時計産業の伝統をいまに伝える重要な拠点を築いた。

グラスヒュッテ・オリジナルの時計に刻まれている「Made In Germany」「Glashutte I/SA(ザクセン州グラスヒュッテ産)」の文字。これは、ドイツ伝統を継承してきたマニュファクチュールの誇りだ。

170年以上も培われた伝統的な製作技術を正式に継承し、同時に革新的な進化を続けているグラスヒュッテ・オリジナルに今後も期待が寄せられる。

グラスヒュッテ・オリジナルの新品・中古はいくらで買えるの?

グラスヒュッテ・オリジナル新品の購入予算は 40万円~200万円 くらい、中古の購入予算は 20万円~150万円 が目安です。

広告

グラスヒュッテ・オリジナルとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告