ピアジェ

ドレッシーを極める時計ピアジェ!その魅力やおすすめモデルとは!?

ピアジェは、一流ジュエラーとしてもその名は世界的に知られる時計ブランドです。薄型のエレガントなドレスウォッチはセレブに愛されています。

2021.3.3 / 2648

広告

ピアジェの基本データ

基本情報

ブランド名
PIAGET(ピアジェ)
本拠国
スイス スイス
創業年
1874年年
創業者
ジョルジュ=エドワール・ピアジェ
新品予算
80万円~200万円
中古予算
50万円~150万円
URL
SNS
関連ワード
セレブ,極薄,ジュエラー

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ピアジェってどんなブランド?

"薄型時計で伝統を今日も守り続けている老舗ブランド!"

1874年にスイスにて設立された高級時計ブランド「ピアジェ」。
時計だけでなく一流ジュエラーとしてもその名は世界的に知られています。

ピアジェは、機械時計製造において高い技術力を持つことで知られ、特にドレスウォッチに用いる為の超薄型のムーブメントを作り出し、1950年代には世界一薄いムーブメントとしてギネスブックにも登録されています。
また有名ブランドのムーブメントも数多く手掛けており、まさに本格派のウォッチメゾンといえるでしょう。

コレクションでは、ドレスウォッチがやはり主役で、その非常に薄く品に満ちたルックスでスーツやドレスに合わせる最上のタイムピースとしてセレブから支持されています。

また、宝石を散りばめた華やかなジュエリーウォッチや、スポーツウォッチなども展開しています。

広告

ピアジェの魅力とは?

ピアジェはこんな人におすすめ!

ハイステータスな腕時計として日本でも限られた人が着用できる成功者の証といえるでしょう。

薄く上品な最高級のラグジュアリードレスウォッチを探している人には一度検討してほしいブランドです。

世界最高峰メゾンの時計を求める人におすすめです。

ピアジェの愛用芸能人・有名人

ピアジェの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

ピアジェの歴史

1874年、”常に必要以上に良いものをつくる“という信念のもとに、ジョルジュ=エドワール・ピアジェが家族の農場に小さな工房として創業。
先進性を持った高精度ムーブメントの評価は高く、スイスの有名時計ブランドの注文を受けるほどであった。

息子のティモテ・ピアジェが引き継ぐと、1943年にピアジェの名を商標登録し、ブランドとして再スタートを切ると、ムーブメントメーカーからウォッチメーカーへと転身。

1900年代には腕時計の製造がはじまり、1945年には工場を新設する。ここを拠点として、ピアジェは極薄ムーブメントの開発に着手。

厚さわずか2mmという手巻きCal.9Pを1957年に発表すると、1960年には当時の世界最薄自動巻きムーブメントCal.12Pも完成させる。
このマイクロメーターを備え、厚さ2.3mmにまで追い込んだCal.12Pによりピアジェの技術力は確かなものと認知される。

薄型時計製造の伝統は、1988年にヴァンドーム(現リシュモン)・グループに入ってからさらに加速。第2次大戦後、ピアジェ初の手巻き式極薄ムーブメント、厚さわずか2mmのキャリバー9Pを製造、ピアジェを代表するモデル「エンペラドール」が発表。また、1960年には世界最薄の自動巻ムーブメント、キャリバー12Pがギネスブックに認定される。

ピアジェの「極薄」への探求や、伝統と革新を兼ね備えたデザインの進化は、2014年に創業140週年を迎えた今も留まることを知らない。

ピアジェの新品・中古はいくらで買えるの?

ピアジェ新品の購入予算は 80万円~200万円 くらい、中古の購入予算は 50万円~150万円 が目安です。

広告

ピアジェとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告