カルティエ

時計も逸品揃いのカルティエの腕時計!その魅力やおすすめモデルとは!?

世界的ジュエラーのカルティエ。"宝石商の王"が手がけるラグジュアリーウォッチはセレブに愛されています。

2021.3.2 / 3151

広告

カルティエの基本データ

基本情報

ブランド名
CARTIER(カルティエ)
本拠国
フランス フランス
創業年
1847年
創業者
ルイ・フランソワ・カルティエ
新品予算
30万円~120万円
中古予算
15万円~60万円
URL
SNS
関連ワード
ジュエラー,宝石,宝飾,パリ,セレブ

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

カルティエってどんなブランド?

"「宝石商の王」の呼び名を持つ世界屈指の高級ブランド!"

カルティエ」は、憧れのブランドとして挙げられることも多い世界一有名ともいえるフランスの一大ジュエラーブランドです。
そんなカルティエは、時計界においても本流ブランドとして認められる存在となっています。

カルティエウォッチの特徴は、時計メゾンとは一線を画す独創性を追及したデザイン性の高さです。
柔軟かつ上品といえる抜群のセンスの良さを感じさせてくれます。
また普遍的なデザインも魅力となっており、端正なローマンインデックスやすっきりとしたなスティール針など、カルティエのアイデンティティを確立しています。

そしてマニュファクチュールとして自社ムーブメントを開発するなど、一流時計メゾンとも肩を並べる技術力を持っているのも他のジュエラーとも大きく差をつけている点です。
そんなカルティエの製品は一切の隙のない非常に高い品質となっています。

ファッション性と確かな品質を併せ持った時計は世界中で愛されています。
また、ユニセックスなデザインで男女問わず高い人気を集めています。

広告

カルティエの魅力とは?

カルティエウォッチの魅力は、”ファッション性の高さ“と”普遍的なデザイン“といえるのではないでしょうか。

ジュエラーブランドが出がける抜群のデザイン性はファッションアイテムとしてコーディネートもばっちり決まります。
また、豊富なコレクションを揃えながらもローマンインデックスやスティール針など見ればカルティエと分かる普遍的なデザインも魅力といえます。

また誰もが知るそのブランド名は高級時計メゾンとは違う形で圧倒的なステータス性を放っています。

カルティエの定番コレクション

カルティエのコレクションを紹介しています。

広告

カルティエはこんな人におすすめ!

カルティエが好きな人はもちろん、ファッション性の高いラグジュアリーウォッチを求める人におすすめです。

年齢や服装を選ばず、腕元を飾ってくれる時計は女性からの支持も高い時計となっています。

男女ともに高い人気を集めペアウォッチとしても選ばれています。

カルティエの愛用芸能人・有名人

カルティエの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

カルティエの歴史

1847年、宝飾師のルイ・フランソワ・カルティエが28歳の若さで宝飾工房を引き継いだときからその歴史は始まる。
後にイギリス国王エドワード7世に「王の宝石商、ゆえに宝石商の王」とまで言われた名門ブランドとなる。

ジュエラーとしても名高いカルティエだが、高級腕時計も数々の名作を生み出している。
創業当時のカルティエの時計は他社の時計工房から買い付けた時計に装飾を施すというスタイルだったが、その作品はサファイア・カボション入りリューズなどカルティエらしさが既に盛り込まれている。

そして1888年、初の女性用宝飾腕時計を製作。
20世紀に入り腕時計が実用性のあるものとなると、カルティエは角型の前衛的なケースデザインや文字盤に高精度なムーブメントを持つブレスレット型高級時計を発表し、画期的な作品で注目を浴びる。

1904年にはカルティエはブラジル人飛行家アルベルト-サントス・デュモンの依頼を受けて、世界初の紳士用腕時計とされるレザーストラップ付き腕時計を製作する。
1906年には初の市販モデルとしてトノーウォッチを発表。
1907年には”幻の時計師”と呼ばれるエドモンド・ジャガーと契約を結び、全製品の独占販売権を獲得すると高機能ムーブメントを搭載したカルティエの時計は一級品としての地位を確立する。

そして1912年にはフランス語で亀を意味する「トーチュ」、1917年には戦車の平面図から着想を得て生まれた「タンク」など傑作を完成させてゆく。
2000年以降はトゥールビヨンや永久カレンダーを搭載した高級機能式時計「オート オルジュリーコレクション」や、伝統の職人技術を宿した「カルティエダール」など技巧を尽くした逸品を世に発表している。

さらには2010年には、カルティエにとって重要な年となった1904年に由来した、完全自社製の自動巻きムーブメントCal.1904 MCを開発し、同ムーブメントを搭載する男性向けコレクション「ガブリエル ドゥ カルティエ」を発表。

メンズウォッチの歴史を切り拓き、いつの時代も最高品質の時計を世に送り出してきたカルティエは、これからも時計界のパイオニアであり続けるだろう。

カルティエの新品・中古はいくらで買えるの?

カルティエ新品の購入予算は 30万円~120万円 くらい、中古の購入予算は 15万円~60万円 が目安です。

広告

カルティエとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告