チュチマ

ミリタリーウォッチの名門チュチマ!その魅力やおすすめモデルとは!?

チュチマは、ドイツの時計ブランドです。ドイツ空軍やNATOにも採用される本格ミリタリーウォッチの名門として知られています。

2021.3.3 / 1805

広告

チュチマの基本データ

基本情報

ブランド名
TUTIMA(チュチマ)
本拠国
ドイツ ドイツ
創業年
1927年年
創業者
ドクター・エルンスト・クルツ
新品予算
15万円~40万円
中古予算
7万円~20万円
URL
SNS
関連ワード
ミリタリー,パイロット,空軍,ヨット,キールウィークレガッタ

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

チュチマってどんなブランド?

  • TUTIMA(チュチマ)
  • TUTIMA(チュチマ)
  • TUTIMA(チュチマ)
  • TUTIMA(チュチマ)

"公式空軍パイロットウォッチを作り続けるドイツを代表する時計ブランド!"

チュチマ」は、ドイツの時計ブランドです。

チュチマという名前は、ラテン語での”守られた“という言葉に由来しており、その名の通りの確かな性能と品質の時計を展開しています。

チュチマの時計は、ドイツ空軍やNATOにも正式採用されるなどプロ向けの本格ミリタリーウォッチで知られています。

プロフェッショナルにだけでなくミリタリーファンや航空機ファンからも人気を集めています。

デザインは、ドイツらしい無駄な装飾や派手さを省き、実用性に特化したシンプルでシックなものとなっています。

近年は、パイロットウォッチ以外にも、ダイバーズウォッチや、エレガントなモデルまでラインナップを広げています。

広告

チュチマの魅力とは?

チュチマの魅力は”冒険心とロマンを掻き立てるような男らしい雰囲気“といえるでしょうか。

強くたくましいルックスに、堅牢でタフなスペックはアクティブに活動する男性に似合うタイムピースといえるでしょう。

チュチマの定番コレクション

チュチマのコレクションを紹介しています。

広告

チュチマはこんな人におすすめ!

実際のプロフェッショナル向けとなるチュチマの時計は、ミリタリーファンや、航空機好きの人に人気を集めるブランドです。

本物志向の人におすすめしたいパイロットウォッチです。

チュチマの愛用芸能人・有名人

チュチマの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

チュチマの歴史

チュチマ(TUTIMA)は1927年、ドイツ グラスヒュッテにフェルナンド・アドルフ・ランゲが時計工房を開設したのがブランドの始まりとなる。

同社の視認性・耐久性に優れた時計は、ドイツ空軍やNATOをはじめとするパイロット達に使用され「究極のパイロットウォッチ」とも呼ばれている。

1941年にドイツ空軍の依頼を受けて世界で初めて軍に制式採用された「フリーガークロノグラフ」から、1986年から現在までドイツ空軍に制式採用される「ミリタリー クロノグラフ」など、その実績は軍用パイロットウォッチとしての地位を不動のものとしている。
「フリーガークロノグラフ」の製作ポリシーは、今でもチュチマの時計製作に受け継がれている。

その後クォーツショックなど苦難の時代もあったものの、それを乗り越え、今やNATO(北大西洋条約機構)加盟各国でも採用されることとなる程世界で信頼を得るブランドとなる。

スポンサー活動も精力的に行い、アメリカ・サンフランシスコではパイロットアカデミーなど様々な航空関係業界や団体の支援を行う。
近年では世界最大のヨットレースイベント、キールウィークレガッタの公式計測時計を務めるなど、防水性・耐久性に優れた高精度なダイバーズウォッチも展開している。

究極のパイロットウォッチを作り出す技術を使い、幅広い展開を見せるチュチマから目が離せない。

チュチマの新品・中古はいくらで買えるの?

チュチマ新品の購入予算は 15万円~40万円 くらい、中古の購入予算は 7万円~20万円 が目安です。

広告

チュチマとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告