ポール ピコ

ディティールまで美しいポール ピコ!その魅力やおすすめモデルとは!?

ポール ピコは、スイスの時計ブランドです。エレガントかつ革新的なタイムピースを作り出しています。

2021.3.3 / 2208

広告

ポール ピコの基本データ

基本情報

ブランド名
PAUL PICOT(ポール ピコ)
本拠国
スイス スイス
創業年
1976年年
創業者
マリオ・ボイオッキ
新品予算
25万円~50万円
中古予算
15万円~30万円
URL
SNS
関連ワード
ディティール,気品

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ポール ピコってどんなブランド?

"ディティールまで美しいニュースタイルの時計を生み出すブランド!"

ポール ピコ」は、時計収集家としても著名なイタリア人企業家マリオ・ボイオッキが創業したスイス時計ブランドです。

スイスの伝統的な時計技術を継承しており、ジェラ山脈の工房にいる一流時計職人よりハンドメイドで作られています。

気品はディティールに宿る“という哲学を抱き、ムーブメントやケースの細部にいたるまで洗練された優美さを放つ時計を作り出しています。
さらに、イタリア的な大胆かつスマートな新しいスタイルの作品も特徴です。

エレガントさとクリエイティブさを高い位置で融合させた時計でファンを獲得しています。

広告

ポール ピコの魅力とは?

ポール ピコの魅力は、”隙のないデザインと品質“といえるでしょう。

ブランドポリシーの通りに、ディティールまで作り込まれた製品は洗練された美しさと、確かなクオリティを備えています。

“気品や誠実さ”を感じさせる、まさにジェントルマンに似合うタイムピースといえるでしょう。

ポール ピコはこんな人におすすめ!

少し珍しい人とは違うスイスブランドを求める人におすすめです。

ディテールの作りこみで予想を超える美を感じられる洗練された見た目と、スイスメイドの高い品質を合わせ持つタイムピースは一生ものとしても間違いない時計です。

 

ポール ピコの愛用芸能人・有名人

ポール ピコの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

ポール ピコの歴史

ポール ピコ(PAUL PICOT)は、1976年にイタリアの時計収集家としても著名なイタリア人企業家マリオ・ボイオッキが創業する。
ブランド名の「ピコ(Picot)」は18世紀における時計作りのパイオニアの時計師から来ており、ボイオッキはピコ自身の価値観を継承すべく名前に付けた。

創業時はクオーツウォッチが隆盛を極めていたスイス冬の時代であり、機械式時計の再興をはかるという不屈の精神と決断力とともに卓越した職人の技術を用い、時計の生産を始める。
時計産業の盛んなスイス・ジュラ地方のル・ヌアルモンに工房を構え、新たな時計作りへの挑戦により伝統的な時計技術の継承の存続のために奮闘するのである。

スイスメゾンとしては非常に若いブランドではあるが、伝統を重んじ、堅実にディテールを詰めて仕上げるプロダクトは本場でも評価を得ている。

気品はディティールに宿る」という哲学のもとで作られるポール ピコの製品は、独創的なデザインと優美なフォルムとなっており、スイスのジェラ山脈の工房にいる職人よりハンドメイドで作られている。

その成果として完成したのが、世界で始めてパワーリザーブ・インジケーターとスプリットセコンド・クロノグラフを同時に搭載した「テクニカム」(1993年)や、シックなスタイリングの「ジェントルマン」(2002年)、立体構造ダイアルの「テクノグラフ」(2005年)など、いずれ劣らぬ高性能かつユニークな時計たちだ。

2007年「アトリエ」シリーズをリニューアル、コンプリケーションの代名詞「トゥールビヨン」を発表し、新たな一面を披露する。
2010年には回転ディスク表示をテクノグラフに搭載するなど、高度な技術力を改めて示したものである。

ポール ピコの新品・中古はいくらで買えるの?

ポール ピコ新品の購入予算は 25万円~50万円 くらい、中古の購入予算は 15万円~30万円 が目安です。

広告

ポール ピコとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告