ランゲ&ゾーネ

ドイツの至宝、ランゲ&ゾーネ!その魅力やおすすめモデルとは!?

A・ランゲ&ゾーネは世界5大時計ブランドに数えられる超一流時計メゾンです。伝統の技術力を駆使した逸品を生み出しています。

2021.3.3 / 4969

広告

ランゲ&ゾーネの基本データ

基本情報

ブランド名
A.LANGE&SOHNE(ランゲ&ゾーネ)
本拠国
ドイツ ドイツ
創業年
1845年年
創業者
フェルディナンド・アドルフ・ランゲ
新品予算
200万円~1200万円
中古予算
120万円~800万円
URL
SNS
関連ワード
天文学,世界5大ブランド,ドレスウォッチ

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ランゲ&ゾーネってどんなブランド?

  • A.LANGE&SOHNE(ランゲ&ゾーネ)
  • A.LANGE&SOHNE(ランゲ&ゾーネ)
  • A.LANGE&SOHNE(ランゲ&ゾーネ)
  • A.LANGE&SOHNE(ランゲ&ゾーネ)
  • A.LANGE&SOHNE(ランゲ&ゾーネ)
  • A.LANGE&SOHNE(ランゲ&ゾーネ)
  • A.LANGE&SOHNE(ランゲ&ゾーネ)

"スイス外で唯一世界5大時計ブランドに入るドイツブランド!"

ランゲ&ゾーネ」は、ドイツを代表する超一流の高級時計ブランドです。
スイス以外で唯一世界5大時計ブランドに数えられることもあり、ドイツの至宝として自国で称えられています。

A・ランゲ&ゾーネの製品は数百万円のモデルから1000万円を超えるものまで、まさにハイクラスなものとなっており多くの時計ファンの憧れの存在となっています。

またムーブメントこだわりは圧倒的で、熟練の技によって世界最高峰のムーブメントを作り出しています。
そんな高度な機構を、ドイツらしいシックで機能美に溢れたデザインで仕上げたタイムピースは圧巻の芸術性を表しています。

代表コレクションとしてはアシンメトリーな顔を持つ「ランゲ1」、同じく復活コレクションのひとつである「サクソニア」が高い人気を誇るコレクションです。

生産する時計は年間に数千本のみと希少性も高く、A・ランゲ&ゾーネの時計はまさに選ばれた者のみ身につけることができるといえるでしょう。

POINT

二度組み

時計を組立てたあと、全部バラして改めて組み立てる二度組み。
これにより初期不良を格段に減らし、精度と品質を高めることができる。
さらに同社のように全ムーブメントを二度組みしているのは時計界全体でも非常に稀である。

広告

ランゲ&ゾーネの魅力とは?

ランゲ&ゾーネの最大の魅力は”最高峰のムーブメント“といえるでしょう。

時計界でも1、2位を争うムーブメント開発力を誇るA・ランゲ&ゾーネの時計は、機械式時計の最大限に楽しむことができるタイムピースといえます。
超一流の職人により作られる美しく精密な時計は、まさに美術品の域に達しています。

ランゲ&ゾーネの定番コレクション

ランゲ&ゾーネのコレクションを紹介しています。

フラッグシップ

ランゲ1

LANGE1

"アシンメトリーなデザインで魅せるランゲ復活の記念碑的コレクション!"

ランゲ1は、A.ランゲ&ゾーネを代表するコレクションです。オフセンターのダイヤルは配したアシンメトリーな文字盤は至高のステータスを放っています。

新品予算 300万円~600万円

広告

ランゲ&ゾーネはこんな人におすすめ!

ロレックスやオメガなどメジャーブランドには知名度は及ばないものの、時計愛好家からは憧れの存在として知られるブランドです。

世界5大時計ブランドに入るその圧倒的なステータス性も魅力です。

王道のスイスブランドとは一味違うドイツらしい質実剛健な時計を求める人におすすめです。

 

ランゲ&ゾーネの愛用芸能人・有名人

ランゲ&ゾーネの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

ランゲ&ゾーネの歴史

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)は、1845年12月7日に、ドイツ宮廷時計師の流れを汲むフェルディナンド・アドルフ・ランゲがドレスデンの郊外に時計工房を創業したのがブランドの始まり。

彼が製作した価値の高い懐中時計の数々は、今でも世界中のコレクターたちの垂涎の的となっている。

時計製作にメートル法を導入し、足踏み式の旋盤を取り入れるなど、「完璧な時計」を作り上げるために、従来の枠に捕らわれない時計製造を早くから実践してきた。
ムーブメントの大部分を占める「4分の3プレート」によって全体の安定性を向上させるという、有名な構造も創業当初に考案されたもの。

1868年に創業者の息子リヒャルトが正式に工房の共同経営者となると、工房の名称も「A・ランゲ&ゾーネ(A・ランゲと息子たち)」に変更し、二代目の時代に突入。
1920年代前半頃には最盛期を迎えます。
ムーンフェイズ付き永久カレンダーにグランドソヌリとプチソヌリ、ミニッツリピーター、スプリセコンド・クロノグラフ、フドロワイヤント、60分積算計を備えた「グランド・コンプリケーションNo.42500」に代表される、圧倒的に複雑で美しい伝説的な懐中時計を製作した。

第2次世界大戦後に一時国営化されたが、創業者子孫のウォルター・ランゲと、時計ブランドの経営者の実績を持っていたギュンター・ブリュームラインの旗振りで1990年に復興をはたす。
1992年には「アウトサイズデイト」の特許を取得し、1994年には第1弾コレクション「ランゲ1」を発表。ランゲ1の、シンプルな中にも気品あるデザインは見るものをを魅了した。

このようなA・ランゲ&ゾーネの時計は、自社で設計から組み立てまでを行うマニュファクチュール体制によって作られている。

何百もの部品を組立てたあと、一度全部バラして最終仕上げを施し、改めて組み立てるという「二度組み」方式によって製造されている。ムーブメントを仮組みと本組みの2回組み立てる工程は、そのまま圧倒的な信頼性の証である。

仕上げにおいても、エングレービングを施したテンプ受けやビス留めのゴールドシャトンといった高度な技法を採用。

創業者より継承した「完璧な時計」を追及し続ける姿に時計ファンたちの心をつかんでいる。

ランゲ&ゾーネの新品・中古はいくらで買えるの?

ランゲ&ゾーネ新品の購入予算は 200万円~1200万円 くらい、中古の購入予算は 120万円~800万円 が目安です。

広告

ランゲ&ゾーネとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告