ハブリング・ツー

ハンドメイドの希少時計ハブリング・ツー!その魅力やおすすめモデルとは!?

ハブリング・ツーは、オーストリアの時計ブランドです。夫婦によって丁寧に仕上げられたタイムピースを生み出しています。

2021.3.3 / 1077

広告

ハブリング・ツーの基本データ

基本情報

ブランド名
HABRING2(ハブリング・ツー)
本拠国
オーストリア オーストリア
創業年
2004年年
創業者
リチャード・ハブリング、マリア・クリスティナ
新品予算
30万円~80万円
中古予算
15万円~40万円
URL
SNS
関連ワード
時計師

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ハブリング・ツーってどんなブランド?

"夫婦のこだわりと情熱が宿った価値ある一本を作り出すブランド!"

ハブリング・ツー」は、夫婦によって創業されたオーストリアの時計ブランドです。

2人が手掛ける時計は年間約100本程度で、一本一本丁寧に情熱注がれた少数生産の希少な時計となっています。
ケースの側面には製造年と製造ナンバーが刻印されています。

ハブリング・ツーの時計は、シンプルでバランスのとれたデザインと、様々な特殊機構を搭載した本格機械式時計となっています。

広告

ハブリング・ツーの魅力とは?

ハブリング・ツーの魅力のひとつは”希少性“といえるでしょう。

目にすることもかなり少ないレアなブランドとして人との違いを楽しむことができます。

ハブリング・ツーはこんな人におすすめ!

機械式時計ベテランに人におすすめなブランドで、他のブランドとは違うハブリング・ツーならではのメカニズムを愉しむことができる時計となっています。

生産される数が非常に少ないこともあり、めずらしい時計をお探しの人は検討してみてください。

ハブリング・ツーの愛用芸能人・有名人

ハブリング・ツーの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

ハブリング・ツーの歴史

ハブリング・ツー(HABRING2)」は、IWC、ランゲ&ゾーネで技術顧問を務めた時計師のリチャード・ハブリングと妻のマリア・クリスティナが2004年にオーストリアでスタートした本格機械式時計ブランド。

2004年にクラシカルなフォルムながら完成度の高さが際立つ「タイム・オンリー」を発表。
その後も機械式時計では見ることのない1秒ごとに秒針がジャンプする「ジャンピング・セコンド機構」や、1秒を8分割して針が運針する「フドロワイヤント機構」、リューズひとつですべての操作を行えるクロノグラフ「クロノCOS」など、複雑機構の名手らしい柔軟で独創性に溢れたモデルを展開する。
いずれの時計も柔軟な発想力とそれを形にする高度な技術がなければ成し得ない。

また、そういった複雑な機能を日常使用における精度・耐久性との両立は同ブランドでなければ実現できなかったといえる。

ハブリング・ツーの新品・中古はいくらで買えるの?

ハブリング・ツー新品の購入予算は 30万円~80万円 くらい、中古の購入予算は 15万円~40万円 が目安です。

ハブリング・ツーとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告