ハンハルト

男らしさ溢れるハンハルトの腕時計!その魅力やおすすめモデルとは!?

ハンハルトは、クロノグラフの名手として知られる時計ブランドです。ミリタリー感溢れる男らしいタイムピースを生み出しています。

2021.3.3 / 2000

広告

ハンハルトの基本データ

基本情報

ブランド名
HANHART(ハンハルト)
本拠国
スイス スイス
創業年
1882年年
創業者
ヨハン・A・ハンハルト
新品予算
30万円~60万円
中古予算
15万円~30万円
URL
SNS
関連ワード
クロノグラフ,レッドプッシャー,海軍兵士,パイロット

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ハンハルトってどんなブランド?

  • HANHART(ハンハルト)
  • HANHART(ハンハルト)

"軍用ウォッチとしての歴史も刻んだクロノグラフの名手!"

ハンハルト」は、1882年から続くスイスとドイツを拠点に持つ時計ブランドです。
ドイツとスイスの技術が融合した、頑丈で精密なハイクオリティな時計を作り続けています。
ハンハルトの時計は、ドイツ軍にも採用されるなど、ミリタリーウォッチとしてのイメージが強いブランドです。

クロノグラフの名手としても知られ、大半のモデルでクロノグラフを備えています。
そんなハンハルトの最大の特徴でもある、クロノグラフの赤いプッシュボタン”レッドプッシャー”は、ひと目でそれと分かる象徴ともなっています。
これは、不意にリセットボタンを押してしまわないようにと色付けされています。
2時位置のスタート/ストップボタンと4時位置のリセットボタンが左右非対称の位置に設けられているのも特長です。

高い品質ながらコストパフォーマンスが良く手が届きやすい価格設定になっているのも魅力です。

広告

ハンハルトの魅力とは?

ハンハルトの魅力は”味わいのあるミリタリー感“といえるでしょう。

本格ミリタリーのルーツを感じさせるパイロットウォッチはオーセンティックで懐かしい雰囲気に溢れています。

ハンハルトの定番コレクション

ハンハルトのコレクションを紹介しています。

広告

ハンハルトはこんな人におすすめ!

パイロットや海軍兵士に愛用されてきたミリタリー色も強いブランドで、ミリタリー好きな人や、パイロットウォッチが好きな人におすすめです。

レッドプッシャーは、ひと目でハンハルトと分かるのが魅力です。

ハンハルトの愛用芸能人・有名人

ハンハルトの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

ハンハルトの歴史

ハンハルト(HANHART)は、1882年にスイス北東部の町ディースゼンホーフェンで誕生し、その後ドイツのシュヴェニンゲンに移転し成功した時計ブランド。
もともとは、懐中時計メーカーとしてスタートした。

その後ストップウォッチ技術において実力を発揮し、ドイツ海軍からオーダーを受けるほどの製品を開発する。
そこで製作されたのがハンハルトの代表作でありアイコンでもある「プリムス」であり、世界で初めて日常使用できる手頃なストップウォッチであった。

ハンハルトを象徴するレッドプッシャーを備えたこれらのクロノグラフは、パイロットや海軍兵士に愛用されることとなる。

1938年にCal.40を搭載したワンプッシュクロノグラフを開発すると、翌年には初めてクロノグラフウォッチとしてパイロットクロノグラフと、タキメーターとテレメーターの両方を備えた「タキテレ」も発表した。

1997年には限定発売した「パイロットクロノグラフ」のレプリカが好評を博し、再び時計界で話題を集めた。

ドイツ時計産業に基盤を置くことで、堅牢と精密さを兼ね備える時計製作に注力し成功した同社は再び創業地へ戻り、現在も往年の名機をモチーフとしたタイムピースを中心に展開している。

ハンハルトの新品・中古はいくらで買えるの?

ハンハルト新品の購入予算は 30万円~60万円 くらい、中古の購入予算は 15万円~30万円 が目安です。

広告

ハンハルトとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

  • 匿名 より:

    ハンハルトを愛用していた有名人はスティーブマックイーンが挙げられます。

コメントを残す


広告