ラドー

セラミックウォッチの先駆者、ラドー!その魅力やおすすめモデルとは!?

ラドーはスイスの時計ブランドです。セラミックウォッチで広く知られています。

2021.3.3 / 3751

広告

ラドーの基本データ

基本情報

ブランド名
RADO(ラドー)
本拠国
スイス スイス
創業年
1917年年
創業者
フリッツ・シュラップ、エルンスト・シュラップ、ヴェルナー・シュラップ
新品予算
30万円~50万円
中古予算
15万円~25万円
URL
SNS
関連ワード
ハイテク素材,テニス,セラミックス

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ラドーってどんなブランド?

  • RADO(ラドー)
  • RADO(ラドー)
  • RADO(ラドー)
  • RADO(ラドー)
  • RADO(ラドー)
  • RADO(ラドー)

"セラミックをはじめ、新素材で革新を起こすウォッチブランド!"

ラドー」は、100年に渡る歴史を持つスイスの名門時計ブランドです。
バーゼルフェア、ジュネーブサロンにも出展しており、時計界でも確かな地位にあります。

かつて日本のテレビクイズ番組で賞品として提供されていたため、中高年層~高齢者には馴染みのある人もいるでしょう。
対して、若い世代には知名度は低く日本ではあまり知られていないブランドといえます。

ラドーは、セラミック素材を採用し成功を収めたことで、”ラドーといえばセラミック“として知られています。
セラミックの特長は、金属より軽く、傷がつきにくく、かつ温度変化が少ないうえ、アレルギーを起こしにくいのが特徴で、実用性に非常に優れた時計となっています。

革新的なデザインと世界でも有数の美しさ、そして抜群の耐久性を兼ね備えた腕時計として高い評価を得ています。

現在展開しているコレクションは、独特のセンスを感じさせるモダンなデザインが印象的です。

先見の目を持つイノベーターとして、常に注目される存在です。

広告

ラドーの魅力とは?

ラドーの魅力は、”特有の美しさ“といえるでしょう。

素材や、シルエットなどで魅せる特有のエレガンスさに溢れる時計は他のブランドにはない魅力を持っています。

ラドーの定番コレクション

ラドーのコレクションを紹介しています。

広告

ラドーはこんな人におすすめ!

ラドーはあまり日本では見かけないこともあり、人と被らないブランドを求める人におすすめです。

肌触りのよいセラミック素材に、柔軟なフォルムラインは特有のセンスの良さを表現できる時計といえるでしょう。

モダンで都会的なデザインは、ファッションにこだわる人にも注目して欲しいブランドです。

ラドーの愛用芸能人・有名人

ラドーの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

ラドーの歴史

ラドー(RADO)は、1917年スイスで創業された。
スイス・レングナウにてシュラップ3兄弟が創業した時計のムーブメント工場「シュラップ・アンド・カンパニー」が前身となる。

1962年には世界初のスクラッチプルーフ(耐傷性)時計「ダイヤスター」を発表し、人々が時計に求めていた性能を満たすことに成功する。
超硬金属ケース採用したこのモデルは傷がつきにくい特徴を持つモデルとして業界内では革新的なものだった。
「ダイヤスター」は1950年代末までに世界61カ国以上で発売され、ラドーの地位を国際的な時計ブランドまで押し上げることになる。

積極的に新素材を追求し続けるラドーは、スイス時計業界のなかでも素材開発の分野において圧倒的な優位性を見せてきた。

1986年には、世界初のハイテクセラミックス素材を使用した「インテグラル」、2005年には、ダイヤモンドと同等の硬度を持つ硬質素材 ハイテクダイヤモンドコーティングケースを使用した「V10K」を発表。

また1990年代に入ってラドーの素材開発は一気に加速する。
ホワイトセラミックスやサーメット、多素材のコンビネーションなどを開発。
さらに2002年には、ハイテクダイヤモンドによってダイヤモンドと同等の硬度を実現し、世界最”硬”の時計としてギネスホルダーとなった「ラドーV10K」も発表する。

2011年にはハイテクセラミックスとメタルを融合した新素材セラモスを、2012年には新型超軽量ハイテクセラミックス「シリコン ナイトライド」を使用したモデルも発表した。

2012年発表のモノコック構造で創られたハイテクセラミックス腕時計「ラドー ハイパークローム」は新しいフラッグシップシリーズとなった。

テニスブランドのアンバザダーとしてテニストーナメントのオフィシャルタイムキーパーとしても活躍を続けて、近年では有名デザイナーによる洗練されたデザインを新素材で具現化したコレクションを展開。
時代の一歩先を行くデザイン性と素材開発で、圧倒的な存在感を示している。

想像できるものは必ず、自分達で作れるはず”というブランド哲学で、革新的な時計を生み出し続けているブランドだ。

ラドーの新品・中古はいくらで買えるの?

ラドー新品の購入予算は 30万円~50万円 くらい、中古の購入予算は 15万円~25万円 が目安です。

広告

ラドーとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告