ルイ・ヴィトン

おしゃれ過ぎるルイ・ヴィトンの腕時計!その魅力やおすすめモデルとは!?

世界的なファッションブランド、ルイ・ヴィトンの腕時計は独自の世界観を表現しています。時計メゾンとは一味違うタイムピースは世界中の男性女性に人気を集めています。

2021.3.2 / 2626

広告

ルイ・ヴィトンの基本データ

基本情報

ブランド名
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)
本拠国
フランス フランス
創業年
1854年
創業者
ルイ・ヴィトン
新品予算
50万円~120万円
中古予算
25万円~80万円
URL
SNS
関連ワード
旅行,パリ,宝飾,ファッション,カバン,ジュエラー

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ルイ・ヴィトンってどんなブランド?

  • LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)
  • LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

"独特のセンスで時計界に切り込む世界的なファッションブランド!"

ファッションブランドとして誰もが知る有名ブランドの「ルイ・ヴィトン」。
時計分野においても、確固たる地位を築いています。

マニュファクチュールとして世界的なウォッチメーカーにも劣らないムーブメントの開発力を手に入れたルイ・ヴィトンの時計は装飾品の域には収まらない本格仕様の高級時計となっています。

もちろん抜群のデザイン性は他メーカーの追随を許しません。
宝飾を施した美しいストラップに、同社特有のブラウンカラーの文字盤、裏蓋のモノグラムモチーフ、ロゴのエングレービングなどはルイ・ヴィトンウォッチの特徴です。

コレクションの中でもやはり有名なのは「タンブール」。
タンブールの革新的でユニークなデザインはルイ・ヴィトンの枠を超えた時計界を代表する名作と呼ばれます。
また最近ではカラフルな色使いが魅力の「エスカル」コレクションも人気を増してきています。

他メーカーのデザインを模倣することなく、唯一無二のこだわりを貫ぬく姿勢はまさに世界を先駆するブランドのポリシーを感じさせます。

時計界のダークホース的存在ともいえ、常に目が話せない存在です。

広告

ルイ・ヴィトンの魅力とは?

ルイ・ヴィトンウォッチの魅力は、なんといっても”抜群のファッション性“といえるでしょう。

世界のファッションモードを牽引するブランドだけあり、数ある時計の中でも群を抜く高いデザイン性をもつタイムピースとなっています。

ハイセンスな時計は、おしゃれを存分に楽しむことができます。

ルイ・ヴィトンの定番コレクション

ルイ・ヴィトンのコレクションを紹介しています。

新作

エスカル

ESCALE

"エスカルは、2014年に誕生したカラフルなデザインが魅力のメンズウォッチコレクションです。"

エスカルは、2014年に誕生したユニークなデザインが目を引くルイ・ヴィトンのウォッチコレクションです。

新品予算 80万円~150万円

広告

ルイ・ヴィトンはこんな人におすすめ!

ルイ・ヴィトン好きな人にはもちろん、おしゃれにこだわる男性におすすめのブランドです。

ファッションブランドらしい抜群のセンスを感じさせる時計は身に着けるだけで全身のコーディネートを格上げしてくれるタイムピースです。

ルイ・ヴィトンの愛用芸能人・有名人

ルイ・ヴィトンの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

ルイ・ヴィトンの歴史

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、説明不要の世界トップクラスのラグジュアリーブランド。
その始まりは1854年にパリのヌーヴ・デ・キャピュシーヌ通り4番地に出店した旅行カバン専門店であった。
それまで旅行鞄の定番と言えば蓋の丸いトランクだったが、ルイ・ヴィトンは積み上げやすい平らなトランクの開発や、材料を無地コットンを考え出すなど慣習にとらわれない発想からヒット製品を生み出す。
マルティエ(トランク製造職人)として傑出した地位を獲得し、有名なモノグラムから精密なダイヤモンドのカッティングなど幅広くクリエーション力で世界を魅了してきた。
そんなルイ・ヴィトンはまさに匠の技を集結し、確かな品質の製品を世に出すことでブランドの発展を支えてきたといえる。

そんな同ブランドが時計界へ本格的に参入したのは2002年。世間が注目する中、発表されたのは旅行カバン専門店らしい世界初のドラム型旅行用時計「タンブール」。
タンブールは」、サイドにブランドシグネチャーを記した円柱形の際立ったケースが特徴で、ユニークで前衛的なデザインは時計界にも影響を与える。
さらにはラ・ジュウ・ペレデュボア・デブラなど、優れたテクノロジーを有するムーブ開発メーカーと提携し、多数の複雑時計も発表する。

バーゼル進出にあたる2011年には複雑時計ムーブメントの製造で有名なファブリック・ドゥ・タンを傘下においてさらにアドバンテージを手に入れることに。
ルイ・ヴィトンは今まで最も複雑な機構を採用した自社製ムーブメントを搭載した「タンブール ミニッツリピーター」を発表する。
最新コレクションではブランドの原点でもある「旅」にちなんだ「ヴォワイヤーシリーズ」も展開している。

伝統の物作り精神は高度な技術力を備えて、これからも時計界で輝いていくだろう。

ルイ・ヴィトンの新品・中古はいくらで買えるの?

ルイ・ヴィトン新品の購入予算は 50万円~120万円 くらい、中古の購入予算は 25万円~80万円 が目安です。

広告

ルイ・ヴィトンとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告