ミナセ

日本職人の技が光るミナセ!その魅力やおすすめモデルとは!?

ミナセは、日本の時計ブランドです。熟練職人の手仕上げによる精巧で美しい時計を作り出しています。

2021.3.2 / 4162

広告

ミナセの基本データ

基本情報

ブランド名
MINASE(ミナセ)
本拠国
日本 日本
創業年
2005年年
創業者
鈴木耕一
新品予算
30万円~50万円
中古予算
15万円~25万円
URL
SNS
関連ワード

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ミナセってどんなブランド?

  • MINASE(ミナセ)
  • MINASE(ミナセ)
  • MINASE(ミナセ)
  • MINASE(ミナセ)

"卓越した研磨技術とクラフトマンシップを発揮し、注目作を作り出すブランド!"

ミナセ」は、時計部品や精密切削工具メーカーである協和精工が”独創的なジャパンメイド”をテーマに2005年に立ち上げた自社時計ブランドです。

ミナセの時計は、”前衛的な発想”と”職人の技”が融合した、個性的で洗練された時計となっています。

現在のコレクションは、アヴァンギャルドとクラフトマンシップと日本的美意識が融合した時計「HiZ」と、隅々まで職人の技と手仕事が堪能できるオーセンティックな時計「マスタークラフト」で展開されています。

広告

ミナセの魅力とは?

ミナセの魅力は、”ジャパンメイド“と”レア感“といえるでしょう。

一流スイスウォッチにも劣らない高級時計として、日本ブランドの誇りを感じることができます。

また、国内外のブランドを合わせても珍しいといえる時計は人と違うものを身に着ける喜びも与えてくれます。

ミナセはこんな人におすすめ!

ミナセの日本らしい精巧なモノづくりの技を感じられる時計は、本物志向の時計ファンに選ばれています。

知名度やステータスよりも、確かに良いものを選びたい一生モノの時計を求める人におすすめしたいブランドです。

ミナセの愛用芸能人・有名人

ミナセの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

ミナセの歴史

ミナセ(MINASE)は、時計部品や精密切削工具メーカーである協和精工が「独創的なジャパンメイド」をテーマに2005年に立ち上げた自社ブランド。

「ミナセ」ブランドは、秋田県湯沢市皆瀬のアトリエでクラフトマンシップに溢れた製造を行う人々に敬意を表し命名される。

精密研磨で培われたノウハウを活かした“熟練職人の手仕上げ”にこだわった製品で時計業界に参入する。
リューズ部分の穴開けに用いる特殊な段付ドリル開発で一気に時計業界でも存在感を示し、時計のケース製造にも着手し、その地位を確立する。

文字盤に立つように大胆に削り出されたインデックスや、独自の「ケース・イン・ケース」構造など、その斬新で革新的な技法で「マスター・クラフト」(2005年)や「HiZ」(2011年)などの注目作を開発している。

現在も精密加工と研磨技術の融合で、世界に誇る高品位の時計を製作するに至っています。

ミナセの新品・中古はいくらで買えるの?

ミナセ新品の購入予算は 30万円~50万円 くらい、中古の購入予算は 15万円~25万円 が目安です。

広告

ミナセとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告