ボール ウォッチ コレクション解説 FIREMAN

【ボール ウォッチ】ストークマンの魅力やおすすめ点・人気モデル・新品中古予算などを徹底解説!

ストークマンは、鉄道へのオマージュを表現したコレクションです。ボール ウォッチでも求めやすい価格となっています。

2021.3.3 / 887

ストークマンの基本データ

FIREMAN
ブランド
ボール ウォッチ(BALL WATCH) アメリカ
新品予算
10万円~20万円
中古予算
6万円~12万円
ムーブメント
自動巻時計
ケース
インデックス
ベルト
メタルベルト革ベルト
機能・機構
カテゴリ
ウェブ

※予算は平行輸入品を対象としています

広告

ストークマンについて

コスパに優れた力強いスタイルを持つコレクション!

ストークマン」は、力強いスタイリングが特徴のコレクションです。

名前は蒸気機関車の釜に石炭をくべる機関助手を意味しています。

ボール ウォッチの中では廉価なコレクションとなり、ベーシック系は10万円弱からとエントリーモデルとしても選ばれています。

モデルによってデザイン性も変わっており、ダイナミックなものからシンプルなものまでさまざま揃いますが、同社らしく耐久性・視認性など高い機能性を確保しています。

広告

ずばり!ストークマンはこんな人におすすめ!

ボール ウォッチの中でも手ごろで購入しやすい価格帯で初めて同社の時計を購入する人に選ばれています。

しっかりとした機能を備え、年齢を問わず身に着けられるデザインなのでプレゼントにも最適です。

ストークマンの新品・中古はいくらで買える?

ストークマン新品の購入予算は 10万円~20万円 くらい、中古の購入予算は 6万円~12万円 くらいになるでしょう。

広告

ストークマンとよく比較される時計

ボール ウォッチのその他のコレクション

広告

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す