H.モーザー

時計界の風雲児H.モーザー!その魅力やおすすめモデルとは!?

H.モーザーはスイスの高級腕時計ブランドです。グラデーションが印象的なシンプルで美しい時計を作り出しています。

2021.3.3 / 2284

広告

H.モーザーの基本データ

基本情報

ブランド名
H.MOSER&CIE(H.モーザー)
本拠国
ロシア ロシア
創業年
1828年年
創業者
ハインリッヒ・モーザー
新品予算
150万円~250万円
中古予算
100万円~150万円
URL
SNS
関連ワード
シンプル

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

H.モーザーってどんなブランド?

  • H.MOSER&CIE(H.モーザー)
  • H.MOSER&CIE(H.モーザー)
  • H.MOSER&CIE(H.モーザー)
  • H.MOSER&CIE(H.モーザー)
  • H.MOSER&CIE(H.モーザー)
  • H.MOSER&CIE(H.モーザー)
  • H.MOSER&CIE(H.モーザー)
  • H.MOSER&CIE(H.モーザー)

"独自の信念を貫き常に注目されるブランド!"

H.モーザー」は、ロシアで創業し、スイスで製造を行う高級腕時計ブランドです。

H.モーザーはひとことでいうと”エッジの効いた“時計ブランドといえます。
シンプル イズ ベストをコンセプトに掲げており、ロゴさえも取り払ってしまうなど尖った製品を展開しています。
他には某スマートウォッチを模した機械式時計「スイス・アルプ・ウォッチ」で業界を挑発したり、”SWISS MADE”に提起するチーズをケース素材にした「スイス・マッド・ウォッチ」を世に放ち、最近はダイヤルに針もない、音だけで時刻を知らせるミニッツリピーターを発表するなど常識や風習などにとらわれず信条を貫く姿勢で常に注目されています。

高級時計といえば派手な装飾や複雑機構での競り合いが見られますが、H.モーザーは明らかにそれらとは全く違うベクトルを向いているのが特徴となっています。

H.モーザーの見た目の特徴としては、美しいグラデーションデザインの文字盤を取り入れていることです。グラデーションという難易度の高いデザインにおいて、抜群のセンスを発揮し個性とエレガンスを表現しています。

コレクションは、「エンデバー」「ベンチャー」「パイオニア」の3カテゴリーからなる新コレクションを中心に展開しています。

POINT

美しいグラデーション「フュメ」

H.モーザーの特徴でもある文字盤のグラーデションは「フュメ」と呼ばれています。
パテック・フィリップなど多くの一流ブランドを顧客に連ねる名門サプライヤー・フルッキガー社製の最高級文字盤を採用しています。
これに手作業でカラーリングを施すことにより、他社の追随を許さない「美しさ」を実現しています。

広告

H.モーザーの魅力とは?

H.モーザーの魅力は”美しく優美なデザイン“といえます。

スタイリッシュで洗練されたH.モーザーの時計は、大人の気品と知性を感じさせる1本となります。

H.モーザーはこんな人におすすめ!

シンプルな美しさと、極上のエレガントを兼ね備えた時計を求めている人におすすめです。

また信念を貫いたユニークな時計は、時計愛好家にも支持されています。

H.モーザーの愛用芸能人・有名人

H.モーザーの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

H.モーザーの歴史

H.モーザー(H.MOSER&CIE)は、1828年にロシアのサンクトペテルブルグで生まれ、後にスイスのシャフハウゼンへ拠点を移した高級時計ブランド。

ロシア宮廷をはじめ、お受けや軍隊にも重用されてきた19世紀のロシア代表するブランドとして大きな成功を収めたが、1917年の「10月革命」で民間企業が消滅した後は事業規模を縮小する。

しかし、2002年にユルゲン・ランゲ博士ら有志によってH.モーザーはその名が再び国際登録され、現在の体制となって復活を果たしている。

そして2005年のバーゼルワールドにおいて、初のオリジナルモデルとして特殊な永久カレンダーを搭載した「モーザー パーペチュアル1」を発表すると、その後もバーゼルワールドにて伝統と革新を織り交ぜた意欲的なニューモデルを登場させてきた。

H.モーザーは”less is more“というコンセプトのもので、限りなく不必要なデザインや機能をなくしたシンプルな時計を展開している。
デザインだけでなく、構造も必要最小限に簡素にし、派手な装飾や複雑機構で競り合う他社とは違うベクトルを向いているのが特徴。

ロゴすらも排したモデルも発表し、限りなくシンプルな作りで、機構の革新性を感じさせないエレガントな佇まいを感じさせる独自の魅力を守っている。

機構開発においても日付調整時の誤作動を防ぐ「ダブルプルクラウン機構」や、脱進機のメンテナンスせいを飛躍的に高める「インターチェンジャブル脱進機」で高い技術力を披露すると、独自の重心補正機構で精度の向上を図った「ダブルヘアスプリング」搭載モデルなどで確固たる存在感を示した。

2013年には高級時計ブランドのノウハウを知り尽くしたMELBホールディングスに加わり、現在ではエドゥアルド・メイランが歴史に忠実でありつつ現代的なエッセンスを加えた時計を発表し続けています。

2016年にはアップルウォッチを再現した機械式モデル「スイス アルプ ウォッチ」を発表し話題も豊富だ。

H.モーザーの新品・中古はいくらで買えるの?

H.モーザー新品の購入予算は 150万円~250万円 くらい、中古の購入予算は 100万円~150万円 が目安です。

広告

H.モーザーとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告