マーティン・ブラウン

ドイツの新鋭時計ブランド、マーティン・ブラウン!その魅力やおすすめモデルとは!?

マーティン・ブラウンは、2006年にウォッチランド・グループに参加したドイツの新鋭時計ブランドです。

2020.7.12 / 1715

広告

マーティン・ブラウンの基本データ

基本情報

ブランド名
MARTIN BRAUN(マーティン・ブラウン)
本拠国
ドイツ ドイツ
創業年
2000年年
創業者
マーティン・ブラウン
新品予算
40万円~140万円
中古予算
30万円~100万円
URL
SNS
関連ワード
宇宙,天体

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

マーティン・ブラウンってどんなブランド?

"ウォッチランド参加によってさらなる高みへ挑むドイツブランド!"

マーティン ブラウン」は、2006年にウォッチランド・グループに参加したドイツの新鋭時計ブランドです。
ウォッチランドは、フランク・ミュラーを筆頭に新進気鋭の時計師やブランドが集う常に注目されてる組織です。

若くして時計作りに携わってきた創業者によって生み出される作品は、想像力豊かなロマンティックなものとなっています。

作品としては、日の出・日の入り表示付きの大胆なデザインの「イオス」、均時差表示を加えた「ボレアス」、地球の公転の軌道を示す「ザヘリオゼントリック」、アニュアルカレンダーの「ケファロス」、ムーンフェイズを示す「セレヌ」などが揃います。

まだまだ若いブランドでありながら世界中の時計ファンから注目を集めています。

広告

マーティン・ブラウンの魅力とは?

マーティン・ブラウンの魅力は”ロマンティック“な雰囲気といえるでしょう。

天文や宇宙といったものを感じさせるデザインはロマンに溢れるタイムピースです。

マーティン・ブラウンはこんな人におすすめ!

天文をテーマにしたロマンティックなデザインなど、アーティスティックなタイムピースを求める人におすすめです。

マーティン・ブラウンの愛用芸能人・有名人

マーティン・ブラウンの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

マーティン・ブラウンの歴史

マーティンブラウン(MARTIN BRAUN)は、2006年にウォッチランドに参加した注目のブランド。
以前はドイツに工房を構えていたが、現在はルツェルンの郊外に移り、ウォッチランドと連携を取りながら新製品開発を進めている。

創業者の時計師のマーティン・ブラウンは、ドイツのカールスル-エ出身で1964年に彫金師の息子として生まれる。
ドイツ宝飾産業の中心地フォルツハイムの時計学校を主席で卒業後、名だたる時計会社で修行を積み、27歳でマイスターウオッチメーカーの資格を取得。
それと共に、ウィンテージムージメントの修復にも取り組んで研鑽を積み、その技術力で、クラシック時計のスペシャリストとしても名を馳せた。

その彼が5年の歳月をかけて製作したのが日の出・日の入り表示付きの時計「イオス」。
この時計を2000年に発表すると同時に、自身の時計ブランドの立ち上げを発表した。

幼い頃から宇宙に関心を抱いていたという彼は、天体や自然の現象を時計の機能として盛り込むことが多い。
作品としては「イオス」に均時差表示を加えた「ボレアス」や、地球の公転の軌道を示す「ザヘリオゼントリック」、アニュアルカレンダーの「ケファロス」、ムーンフェイズを示す「セレヌ」などがある。

マーティン・ブラウンは、2007年よりフランク・ミュラーを中心とする新進気鋭の時計師やブランドが集うウォッチランド・グループに移籍。

想像力豊かなロマンティストでもある時計師は、新たなムーブメントの独自開発とともに、さらなる精妙な時計づくりに意欲を燃やしている。

マーティン・ブラウンの新品・中古はいくらで買えるの?

マーティン・ブラウン新品の購入予算は 40万円~140万円 くらい、中古の購入予算は 30万円~100万円 が目安です。

広告

マーティン・ブラウンとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告