ジラール・ペルゴ

玄人向けの高級時計、ジラール・ペルゴ!その魅力やおすすめモデルとは!?

ジラール・ペルゴは、長い歴史と伝統を誇るスイスの一流高級時計ブランドです。時計愛好家に根強い人気を誇ることで知られる老舗メゾンです。

2021.3.3 / 10307

広告

ジラール・ペルゴの基本データ

基本情報

ブランド名
GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
本拠国
スイス スイス
創業年
1791年
創業者
ジャン・フランソワ・ボット
新品予算
80万円~240万円
中古予算
60万円~160万円
URL
SNS
関連ワード
ジュネーブ,パリ万博,ミリタリー,フェラーリ,ビクトリア女王

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ジラール・ペルゴってどんなブランド?

  • GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
  • GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
  • GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
  • GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
  • GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
  • GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
  • GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
  • GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
  • GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)

"長い歴史と伝統を誇る、知る人ぞ知る玄人好みの一流高級時計ブランド!"

ジラール・ペルゴ」は、世界で4番目に古い時計ブランドであり、時計愛好家に根強い人気を誇る高級時計ブランドです。

ロレックス・オメガのように決して目立つブランドではありませんが、時計界での地位は超一流として知られるブランドです。

ジラール・ペルゴの時計の特徴は他のスイスブランドとは一味違うデザインの秀逸さを持ち合わせています。
クラシックな味わいとモダンさを絶妙に合わせた時計はタイムレスな魅力を放っています。

クラシックなものからスポーティなものまで長い歴史と伝統に裏打ちされた最高の品質を実現しています。

もちろんムーブメントの製造技術やクオリティコントロールは一級で、一生モノの腕時計として申し分のないタイムピースを展開しています。

広告

ジラール・ペルゴの魅力とは?

ジラール・ペルゴの魅力は、”渋さ“といえるのではないでしょうか。

決して派手な存在のブランドではありませんが、世界指折りの一流といえるジラール・ペルゴ。

時計ファンでなければまず知られないブランドですが、知っている人からみれば「おっ!」と思わせる時計愛好家にも一目置かれること間違いなしの時計です。

デザインも王道スタイルながらも個性が見え隠れする秀逸な仕上げは時計通をうならせています。

そんな玄人好みともいえる時計がジラール・ペルゴの魅力となっています。

ジラール・ペルゴの定番コレクション

ジラール・ペルゴのコレクションを紹介しています。

人気

ロレアート

LAUREATO

"復活を果たすや注目と人気をみせるスポーツウォッチコレクション!"

ロレアートは、2017年に誕生し一躍注目と人気を集める新コレクションです。ポリッシュ仕上げの八角形ベゼルと一体型ブレスレットが特徴のスポーツウォッチとなっています。

新品予算 80万円~240万円

広告

ジラール・ペルゴはこんな人におすすめ!

一流ブランドでもロレックス・オメガのようなメジャーブランド、またパテック・フィリップやオーデマ ピゲといった雲上時計でもない知る人ぞ知る一流ブランドを選びたい人におすすめです。

メジャーブランドの次に持ちたい上げ時計としても選ばれています。

ジラール・ペルゴの愛用芸能人・有名人

ジラール・ペルゴの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

ジラール・ペルゴの歴史

ジラール・ペルゴ(GIRARD-PERREGAUX)は、1791年にスイスで創業されたスイス屈指のハイエンド・マニュファクチュールであり、世界で4番目に古い老舗時計ブランド。
創業者は19歳にして初の時計を製作した才能ある時計師ジャン・フランソワ・ボットで、当初はボット社という社名だった。

創業当時は薄型懐中時計を武器に、イギリスのビクトリア女王や名高い貴族らに提供されるとその名声は高まるところとなる。
江戸時代にあたる1861年には、コンスタンの義弟フランソワ・ペルゴがスイス時計普及のために来日し、横浜に日本初の時計輸入代理店を構えたことも有名な話だ。

1837年に創業者であるジャン・フランソワ・ボットが死去したのちは血族中心に家族経営を進め、懐中時計の普及に努める。
その創設者の工房で働いていたスイスの時計職人コンスタン・ジラールは、1852年にジラール社を設立。
その2年後ジラールはマリー・ペルゴとの結婚を機に、1856年より社名をジラール・ペルゴと変え、「ジラール・ペルゴ」がジャン・フランソワ・ボットの工房を引き継ぎ、ボット社の伝統を受け継ぐことになった。
同時に製造拠点をジュネーブから ラ・ショー=ド=フォンに移転し時計の量産体制を整えると、生産数を大幅に上げ、最高品質のムーブメントを備えた時計を続々とリリースする。

当時の時計界では腕時計の量産を行ったメーカーは存在しておらず、史上初めて腕時計の量産を行ったメーカーとしても称えられている。

1867年にはコンスタン・ジラール作のトゥールビヨンがパリの万博博物館で金賞を獲得し賞賛を浴びると、1880年以降には皇帝ヴィルヘルム1世の注文によるドイツ海軍将校用の腕時計をすでに2000個も製造するなど業績を残している。

1945年には、現在の「ヴィンテージ1945」として同社のフラッグシップともなっている、アールデコからインスピレーションを得た斬新な角形腕時計を製作する。
また1970年にスイスでは初となるクオーツ時計の工場生産も実施し、世界共通規格であるクオーツの3万2768ヘルツという周波数は、ジラール・ペルゴが決定したものだった。

クォーツムーブメントの商品化はセイコーよりも早かったとされている。
1981年には、クオーツ全盛期にも関わらず伝統的な機械式時計を復活にも尽力し業界の息の吹き返しに功績を残す。

創業200周年を迎えた1991年には、スリー・ゴールド・ブリッジ付きトゥールビヨンを縮小した腕時計も開発。

オリジナルムーブメントの開発と製造を一貫して行う卓越したマニュファクチュールの技術力と長年培ってきた伝統はいまも健在だ。
クラシックなドレス系から複雑時計まで多彩なコレクションで時代を超えて時計ファンを魅了している。

ジラール・ペルゴの新品・中古はいくらで買えるの?

ジラール・ペルゴ新品の購入予算は 80万円~240万円 くらい、中古の購入予算は 60万円~160万円 が目安です。

広告

ジラール・ペルゴとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告