ミューレ グラスヒュッテ

まさにドイツスタイル、ミューレ グラスヒュッテ!その魅力やおすすめモデルとは!?

ミューレ グラスヒュッテは、ドイツのウォッチブランドです。シンプルで実用性を重視したまさにドイツスタイルの製品を作り出しています。

2021.3.3 / 2233

広告

ミューレ グラスヒュッテの基本データ

基本情報

ブランド名
MUHLE GLASHUTTE(ミューレ グラスヒュッテ)
本拠国
ドイツ ドイツ
創業年
1869年年
創業者
ロベルト・ミューレ
新品予算
15万円~20万円
中古予算
7万円~10万円
URL
SNS
関連ワード
測定機器,ドイツ海難救助隊

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ミューレ グラスヒュッテってどんなブランド?

  • MUHLE GLASHUTTE(ミューレ グラスヒュッテ)
  • MUHLE GLASHUTTE(ミューレ グラスヒュッテ)
  • MUHLE GLASHUTTE(ミューレ グラスヒュッテ)
  • MUHLE GLASHUTTE(ミューレ グラスヒュッテ)
  • MUHLE GLASHUTTE(ミューレ グラスヒュッテ)

"シンプルで機能的なドイツスタイルを追求するブランド!"

ミューレグラスヒュッテ」は、グラスヒュッテに拠点を置くドイツ時計メゾンです。
時計職人の手によって作り上げられる時計は、シンプルで実用性を重視したドイツらしいものになっています。

時計本来の目的である時刻を確認するということを、第一にした実用性と正確性を何より大切にしています。
この信念のもとで作られる製品は高い信頼を寄せられ、代表作「レスキュータイマー」などはドイツ海難救助隊の公式時計にも採用されました。

上品なドレスウォッチからパイロット、クロノグラフといったスポーツウォッチまで高品質な時計を世に送り出しています。

広告

ミューレ グラスヒュッテの魅力とは?

ミューレ グラスヒュッテの魅力は”気取らないかっこよさ“といえるでしょう。

際立った個性や派手さはないミューレ グラスヒュッテの時計ですが、シンプルながらドイツらしい機能美が光っており知的でスマートなスタイルは、紳士的なかっこよさに溢れています。

ミューレ グラスヒュッテはこんな人におすすめ!

控えめなかっこ良さを持ったシンプルで実用的な時計を求める人におすすめです。

世代を選ばないデザインは、どんな人でも似合う時計といえます。

知的で落ち着いた雰囲気は、ビジネスウォッチとしても最適でしょう。

また日本ではあまり知られていないため、人とは被りにくいブランドをお探しの人も検討してみてください。

ミューレ グラスヒュッテの愛用芸能人・有名人

ミューレ グラスヒュッテの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

ミューレ グラスヒュッテの歴史

ミューレグラスヒュッテ(MUHLE GLASHUTTE)は、グラスヒュッテにて1869年により測定機器や精密機器の専門メーカーとして誕生したブランド。
第2次世界大戦後は解体を余儀なくされ国営企業となってしまう。
新生ミューレとして復活を遂げたのは、1994年。東西ドイツが統一された後からとなる。

時計製造の基本コンセプトは、「時計はあくまでも測定機器である」。
日差0.01秒という高精度クォーツ式マリンクロノメーターを引っ提げ、改めてその実力をアピール。
この信念のもとで作られる時計は信頼性が高く、代表作「レスキュータイマー」は、ドイツ海難救助隊の公式モデルとなった。

2007年には5代目ティロ・ミューレがCEOに就任。
伝統のスタイルを踏襲しつつ、スポーティなテイストを加えたモデルも発表している。

ミューレ グラスヒュッテは、時計職人の手によって高品質な時計を世に送り出している。

ミューレ グラスヒュッテの新品・中古はいくらで買えるの?

ミューレ グラスヒュッテ新品の購入予算は 15万円~20万円 くらい、中古の購入予算は 7万円~10万円 が目安です。

広告

ミューレ グラスヒュッテとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告