予算別

予算100万円以上なら絶対におすすめしたい高級時計ブランド20選!

間違いなく超一流時計となる100万円以上の予算でおすすめしたい超一流時計ブランドをご紹介したいと思います!

2020.5.29 / 19165

価格100万円を超える時計は間違いなく超一流品といえるでしょう。

時計に詳しくない人でも知っている有名ブランドや、時計愛好家なら誰もが憧れる本格ブランドが名を連ねます。

その圧倒のステータスを放つラグジュアリーウォッチを着ければ、1つも2つも男を格上げしてくれること間違いありません。

成功や高い地位を手にした自身の功績の証としても喜びを与えてくれるでしょう。
一生モノとしてはもちろん、世代を越えて託していける1本ともなるでしょう。

そこで!今回は100万円以上の予算でおすすめしたい超一流時計ブランドをご紹介したいと思います!

広告

おすすめランキング!

1 パテック フィリップ

“最高峰として知られる頂点に君臨ブランド!”

1番目におすすめするのは 「パテック フィリップ」です。

1番目におすすめするのはパテック・フィリップです。
パテック・フィリップは、すべての時計愛好家が憧れる時計界の頂点に君臨する最高位時計ブランドです。
品質、素材、デザイン性、ステータスすべてが最高峰の時計となっています。
ほとんどのコレクションが数百万円となり、レアモデルは時価にして数千万円にもなる超高額プライスのものも溢れています。
ヴィクトリア女王やローマ教皇、アインシュタイン、キュリー夫人など、世界のVIPや偉人たちに愛されてきた最高の権威と功績を持つブランドです。
真の成功者にしか手にできない特別なタイムピースといえるでしょう。

新品予算:300万円~1000万円

2 オーデマ ピゲ

“誰もが憧れるトップラグジュアリーブランド!”

2番目におすすめするのは 「オーデマ ピゲ」です。

2番目におすすめするのはオーデマ・ピゲです。
オーデマ・ピゲは、パテックフィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンと並び世界3大時計ブランドのひとつに数えられる超一流時計ブランドです。
時計愛好家なら誰もが一度は手にしたいと思う憧れのブランドです。
特に代表作の「ロイヤルオーク」は世界のVIPうあセレブリティがこぞって求める究極のスポーツウォッチとして知られています。
時価にして数千万円で取引もされる最高峰のスポーツウォッチといえるでしょう。
多大な富を手にした者にしか手にできないトップラグジュアリーブランドです。

新品予算:300万円~1500万円

3 ロレックス

“名実ともに最高峰なキングオブウォッチブランド!”

3番目におすすめするのは 「ロレックス」です。

3番目におすすめするのはロレックスです。

ロレックスは、高級時計の代名詞的存在ともいえる世界一有名な高級腕時計ブランドです。
もし100万円前後の予算でお探しならロレックスは一番におすすめします。
圧倒的なネームバリューとステータス性は、絶対的な価値を持ち間違いのない時計となっています。
名声だけでなく、壊れにくい時計といわれるロレックスは時計初心者にもおすすめです。
永遠の資産として、一生ものとしてはもちろん世代を超えて受け継いでゆけるタイムピースです。

新品予算:80万円~300万円

4 ヴァシュロン・コンスタンタン

“皇族や貴族にも愛されてきた神々しいロイヤルブランド!”

4番目におすすめするのは 「ヴァシュロン・コンスタンタン」です。

4番目におすすめするのはヴァシュロン・コンスタンタンです。
ヴァシュロン・コンスタンタンは、世界3大時計ブランドに数えられる最高峰の時計ブランドです。
過去にはエジプト王族やフランスのナポレオン皇帝などにも愛された格式高い名門メゾンです。
文字盤に印された有名なマルタ十字のロゴがは時計愛好家の永遠の憧れとなっています。
最高の品質に、完成された美しさを併せ持つ時計はまさに逸品です。
重厚な貫禄と品格漂うタイムピースは年齢の高い大人の方に特に似合うでしょう。

新品予算:300万円~800万円

5 ブライトリング

“パイロットウォッチの雄として君臨するブランド!”

5番目におすすめするのは 「ブライトリング」です。

5番目におすすめするのはブライトリングです。
ブライトリングは、パイロットウォッチの雄として知られる世界的に非常に高い人気を誇るスイスの時計ブランドです。
実際の空軍パイロットも装着するプロフェッショナルなミリタリーウォッチとなっており、本格的なスペックと力強いルックスが魅力です。
ムーブメントはすべてクロノメーターを取得しておりその精度と品質の高さはお墨付きとなっています。
価格設定は100万円前後を中心に展開されています。
シーンを選ばないスタイリッシュなデザインはオンでもオフでも使える万能な1本として活躍してくれるでしょう。

新品予算:30万円~90万円

6 ランゲ&ゾーネ

“芸術的で美しい時計を生み出すドイツを代表するブランド!”

6番目におすすめするのは 「ランゲ&ゾーネ」です。

6番目におすすめするのはA.ランゲ・アンド・ゾーネです。
A.ランゲ・アンド・ゾーネは、ドイツを代表するブランドで世界5大時計ブランドにも数えられます。
時計界随一のムーブメント開発技術を持つことでも知られ、芸術品のような機構を持つ時計を数々生み出しています。
さらにすべてのモデルを2回組み立てる二度組みを実施しており、そのクオリティへのこだわりは圧巻です。
気品と貫禄が漂うタイムピースはフォーマルな装いに最高に映えるタイムピースとなっています。

新品予算:200万円~1200万円

7 IWC

“質実剛健で硬派な時計を生み出すブランド!”

7番目におすすめするのは 「IWC」です。

7番目におすすめするのはIWCです。

IWCは、質実剛健な時計で知られる世界指折りのスイスの一流高級時計ブランドです。
簡潔ながら洗練されたデザインと確かな品質を備えた、外見良し中身良しの秀逸な時計となっています。
クロノメーターを超える厳しい自社規格を設け、すべてのモデルの永久修理に対応しているなどクオリティコントロールに一切隙がありません。
コレクションは、100万円前後の価格帯を中心に展開されており、本格的なパイロットウォッチから美しいドレスウォッチまで幅広くラインナップされています。
エグゼクティブな地位につくビジネスマンに特に似合うブランドです。

新品予算:60万円~200万円

8 ジャガー・ルクルト

“時計愛好家に根強い人気を誇る名門ブランド!”

8番目におすすめするのは 「ジャガー・ルクルト」です。

8番目におすすめするのはジャガー・ルクルトです。
ジャガー・ルクルトは、名門マニュファクチュールメゾンとして長い歴史を持つスイスの老舗時計ブランドです。
オメガやブライトリングのような知名度はありませんが、時計愛好に愛される知る人ぞ知る玄人好みのブランドとなっています。
その時計は目立った派手さや特徴はないものの、伝統を感じさせるオーセンティックな味わい深さが魅力です。
控えめながらも上質なものを求める本物志向の人におすすめです。
30、40代以上の男性に特に似合う紳士に向けたタイムピースです。

新品予算:60万円~200万円

9 フランク・ミュラー

“世界中のセレブをとりこにするラグジュアリーブランド!”

9番目におすすめするのは 「フランク・ミュラー」です。

9番目におすすめするのはフランク・ミュラーです。

フランク・ミュラーは、誕生から若いものの一躍トップラグジュアリーブランドの仲間入りを果たした新進気鋭のブランドです。
現代の天才時計師と呼ばれる創業者フランク・ミュラーが生み出す、これまでにない独創的な時計が魅力となっています。
その奇想天外な発想と魅惑の世界観を持つ時計は世界のセレブリティの所有欲に火を付けたことで世界的な人気ブランドへ登り詰めました。
日本でも、芸能人や著名人が多数愛用しており一般的にもその名前は周知されています。
老舗ブランド以外のラグジュアリーウォッチを求める人におすすめです。

新品予算:50万円~300万円

10 パネライ

“存在感を放つデカ厚時計で知られるブランド!”

10番目におすすめするのは 「パネライ」です。

10番目におすすめするのはパネライです。
パネライは、”デカ厚時計“ブームの先駆者として知られるイタリアの時計ブランドです。
大きくぶ厚いクッションケースが特徴で、強くたくましいスタイリングが魅力となっています。
ミリタリーウォッチのルーツを持ち、優れた耐久性と視認性で実用的なタイムピースとなっています。
「ラジオミール」「ルミノール」をメインに、100万円前後の価格帯となっています。
存在感ある男らしい腕時計を好む人におすすめです。

新品予算:70万~200万円

11 ジラール・ペルゴ

“長い伝統と歴史を持つ玄人好みのブランド!”

11番目におすすめするのは 「ジラール・ペルゴ」です。

11番目におすすめするのはジラール・ペルゴです。
ジラール・ペルゴは、世界で4番目に古い歴史を持つスイスの老舗名門ブランドです。
知名度は高いとはいえないものの、時計愛好家なら誰もが知り、憧れるブランドです。
組み立てや装飾はすべてハンドメイドで行われ、端整で洗練された仕上げにより美しいタイムピースとなっています。
コレクションは、最高度の複雑機構を備えたものから、モダンでスポーティなものまで幅広くラインナップされています。
いずれも長い伝統を感じさせるオーセンティックでタイムレスな魅力を持っています。
人とは違うスイスの本格ブランドを選びたい人におすすめです。

新品予算:80万円~240万円

12 ユリス・ナルダン

“数々の名機を生み出してきた高精度時計の名手!”

12番目におすすめするのは 「ユリス・ナルダン」です。

12番目におすすめするのはユリス・ナルダンです。
ユリス・ナルダンは、”いかり“のトレードマークで知られる時計界の名門スイスブランドです。
かつては航海用の時計であるマリン クロノメーターで成功を収め、現在のコレクションも海との繋がりを感じさせるものとなっています。
爽やかでスタイリッシュなスタイリングに、クラシカルとモダンを融合させた秀逸なデザインが魅力です。
価格は80万円前後のものから1000万円を超えるものまで非常に幅広く展開されています。 マリンスポーツや、船や海などが好きな人におすすめしたいブランドです。

新品予算:60万円~150万円

13 ウブロ

“先進的なデザインと発想で躍進するブランド!”

13番目におすすめするのは 「ウブロ」です。

13番目におすすめするのはウブロです。

ウブロは、若いブランドながら世界中のセレブの心をつかみ飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を伸ばした高級時計ブランドです。
船窓“という意味の名を持ち、船窓のようなビス留めベゼルがアイコンとなっており、知る人がみればひと目で分かるルックスとなっています。
ファッショナブルなデザイン性が魅力で、おしゃれにこだわる男性に特に支持されています。
日本でも有名人がこぞって身に着けていることで、”成功者の時計“としてイメージが持たれています。
老舗ブランドとは違う勢いのあるラグジュアリーウォッチを求める人におすすめです。

新品予算:100万円~600万円

14 H.モーザー

“独自の信念を貫ぬくラグジュアリーブランド!”

14番目におすすめするのは 「H.モーザー」です。

14番目におすすめするのはH.モーザーです。
H.モーザーは、スイスのシャフハウゼンに拠点を置く一流高級時計ブランドです。
独自の信念を貫くいぶし銀的な、他とは一線を画すスイスブランドです。
真の美しさを追求するためロゴなども印さないといった常識にとらわれない時計作りを行っています。
エキゾチックで美しいグラデーションの文字盤のモデルが代表的で、唯一無二の個性を放っています。
すべてのコレクションで、100万円を優に超えておりプレステージな1本といえるでしょう。

新品予算:150万円~250万円

15 グラスヒュッテ・オリジナル

“極上の美しい時計を生み出すドイツブランド!”

15番目におすすめするのは 「グラスヒュッテ・オリジナル」です。

15番目におすすめするのはグラスヒュッテ オリジナルです。

グラスヒュッテ オリジナルは、真のマニュファクチュールメゾンとして知られるドイツの時計ブランドです。
ドイツの伝統技術を継承した丁寧な作り込みで、その時計はため息の出るほど美しいものとなっています。
100万円前後のモデルが中心ですが、その品質は雲上ブランドとも一切引けをとりません。
上品で落ち着いたタイムピースは大人の男性に特に似合うでしょう。
質実剛健なドイツ時計に惹かれる人はぜひ検討してみてください。

新品予算:40万円~200万円

16 ロジェ・デュブイ

“アヴァンギャルドなデザインで注目を集める新興ブランド!”

16番目におすすめするのは 「ロジェ・デュブイ」です。

番目におすすめするのはです。

ロジェ・デュブイは、斬新で強烈なデザインで人気を急上昇させているスイスの高級時計ブランドです。
振興メゾンながらマニュファクチュールとして自社製ムーブメントも開発しています。
ジュネーブ・シールを全てのモデルに取得しており、すべてが最高の品質であることを証明しています。
代表作「エクスカリバー」をはじめ、大胆でインパクトあるフラッシーなルックスが魅力です。
時計を知らない人が見ても、ラグジュアリーな時計とすぐに分かる存在感ある時計を求める人におすすめです。

新品予算:200万円~600万円

17 ジャケ・ドロー

“王侯貴族をも魅了した天才時計師の魂を継ぐブランド!”

17番目におすすめするのは 「ジャケ・ドロー」です。

番目におすすめするのはジャケ・ドローです。

ジャケ・ドローは、ルーツを1738年までさかのぼり、その時計はあのルイ16世も愛したといわれる由緒正しい老舗ウォッチブランドです。
天才時計師ピエール・ジャケ・ドローの技と遺志を引き継いだ、エナメル装飾やエングレービング、細密画など伝統技法を駆使した芸術的な時計を作り出しています。
また機械仕掛けで人形が駆動する仕組みを備える「オートマタ」コレクションなど時計の域を越えた傑作は美術館にも展示されています。
優美でアーティスティックな時計を求める人におすすめです。

新品予算:150万円~1000万円

18 ショパール

“審美性に溢れる時計が魅力のブランド!”

18番目におすすめするのは 「ショパール」です。

ショパールは、一流ジュエラーとしても名高いラグジュアリーウォッチブランドです。
マニュファクチュールメゾンとして優れた時計製造技術と、ジュエラーらしい審美性に溢れるデザインをあわせ持つ秀逸なタイムピースを作り続けています。
エレガントで美しいドレスウォッチだけでなく、過酷なカーレースに対応したレーシングウォッチに至るまで幅広いコレクションを展開しています。
新作となる「アルパイン イーグル」は、近代的なラグジュアリースポーツウォッチとして注目を集めています。
ジュエラーらしいセンスと、本格的なクオリティを備えた時計を求める人におすすめのブランドです。

新品予算:70万円~200万円

19 クストス

“ダイナミックなエクストリームウォッチで人気のブランド!”

19番目におすすめするのは 「クストス」です。

3つのコンセプトを高次元で融合させた大胆な時計を作り出すブランド!

クストスは、2005年創業のスイスの若手ラグジュアリーウォッチブランドです。
最先端のテクノロジー駆使したエクストリームウォッチで急速に人気を伸ばしています。
大振りなトノーケースに、スケルトンの文字盤を特徴とする大胆で未来的なルックスが魅力です。
スポーツ界のセレブリティに愛用者が多く、日本でも着実に注目を集めています。
メインモデルも100万円台からラインナップされており、手が届くエクストリームウォッチとして普通の時計では満足できない人におすすめです

新品予算:100万円~200万円

20 コルム

“唯一無二の個性を放つスイスウォッチメゾン!”

20番目におすすめするのは 「コルム」です。

コルムは、時計製造の聖地であるラ・ショー・ド・フォンに1955年に設立されたスイスの高級時計ブランドです。
他のスイスメゾンと一線を画す独特の世界観を表現したタイムピースが魅力となっています。
モダンとクラシカルを融合させた、研ぎ澄まされたセンスが溢れるコレクションをラインナップしています。
国内外問わず多くのセレブの支持を集めていることでも知られ、海外では俳優のジョニー・デップ氏やプロサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド氏が着用していたことで話題になりました。
オリジナリティを持ったファッショナブルな時計を求める人におすすめです。

新品予算:50万円~80万円

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか?
いつかは欲しいといえる憧れの一流ブランドが揃いました。
成功の証ともいえるタイムピースを身に着ければ、周囲の羨望を集めること間違いありません。
一段も二段も男を格上げしてくれる、超一流時計をいつかは手にしたいものですね。

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告