グッチ

グッチスタイルに溢れるグッチの腕時計!その魅力やおすすめモデルとは!?

世界的に有名なファッションブランドのグッチ。そのグッチが手がける時計は時計メゾンとは一線を画すデザイン性が魅力です。

2021.3.3 / 1533

広告

グッチの基本データ

基本情報

ブランド名
GUCCI(グッチ)
本拠国
イタリア イタリア
創業年
1921年
創業者
グッチオ・グッチ
新品予算
5万円~25万円
中古予算
3万円~15万円
URL
SNS
関連ワード
ファッション,イタリア,馬具,乗馬,英国貴族

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

グッチってどんなブランド?

"最先端のセンスを追求するイタリア生まれのブランド!"

グッチ」は、知らない人はいない世界的に有名なイタリアのラグジュアリーファッションブランドです。

そのグッチは時計においても概念にとらわれない斬新でユニークな個性が光る幅広い製品を作り出しています。
男女ともに人気があります。

ビジネスやプライベート問わず選べる展開になっています。

広告

グッチの魅力とは?

グッチの時計の魅力は、”グッチスタイル“を存分に楽しめることといえるでしょう。

すべてのコレクションにおいて普遍的なグッチらしい要素が入っており、グッチファンにたまらないタイムピースとなっています。

グッチはこんな人におすすめ!

グッチファンはもちろん、ファッショナブルで個性的な時計を求める人におすすめです。

グッチの愛用芸能人・有名人

グッチの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

グッチの歴史

一流ラグジュアリーファッションブランドとして名高いグッチは、1921年にイタリア・フィレンツェに旅行鞄などを扱う皮革製品店としてグッチオ・グッチによって創設された。
創設者のイニシャルGGをブランドロゴとし、気品溢れると製品で人々を魅了している。

グッチオは、英国貴族の洗練された美への意識と彼の地元トスカーナの熟練した職人技の結合した製品作りををイデオロギーとしていた。

ホースビット」や「バンブーバッグ」、「ウェブ」、「インターロックングG」などグッチを象徴するデザインは1960年代までに考案され、現在のコレクションにも投影されている。

時計においては1970年代より展開され、クリエイティブ・ディレクターのフリーダ・ジャンニーニを先導に一貫してスイスメイドで、製品のすべてがグッチのファクトリーで組み立てられている。

ディアマンテパターンやウェブなど、グッチのアイコン的デザインを時計においても取り入れ、同ブランドのアイデンティティを表現する。
2013年では、加工が難しい素材のブロンズをケースとボタンに採用した「グッチ クーペ」コレクションを発表し、アバンギャルドな作品を世に出していく。

また、同じケリンググループのジラール・ペルゴ、ジャンリシャールを擁するソーウインド社との協力関係もスタートし、一級マニュファクチュールの同社製のムーブCal.GP3300を搭載した本格機械式ダイバーズウォッチも手がけるなど本格機械時計の製作にもポジティブだ。

防水・耐久性の強いサファイヤガラスを採用するなど、実用性に優れた時計を提案しているのにも定評がある。

伝統的ながらも遊び心溢れた独自の世界観を持ったデザインのグッチの腕時計は、これからも目が離せない。

グッチの新品・中古はいくらで買えるの?

グッチ新品の購入予算は 5万円~25万円 くらい、中古の購入予算は 3万円~15万円 が目安です。

広告

グッチとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告