ローラン・フェリエ

至高のマスターピース、ローラン・フェリエ!その魅力やおすすめモデルとは!?

ローラン・フェリエは、スイスの超高級時計メゾンです。伝統技法と最新技術を融合させたマスターピースを生み出しています。

2020.4.4 / 2539

広告

ローラン・フェリエの基本データ

基本情報

ブランド名
LAURENT FERRIER(ローラン・フェリエ)
本拠国
スイス スイス
創業年
2009年年
創業者
ローラン・フェリエ、クリスチャン・フェリエ
新品予算
700万円~2000万円
中古予算
400万円~1000万円
URL
SNS
関連ワード
パテックフィリップ,時計師

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

ローラン・フェリエってどんなブランド?

  • LAURENT FERRIER(ローラン・フェリエ)
  • LAURENT FERRIER(ローラン・フェリエ)
  • LAURENT FERRIER(ローラン・フェリエ)
  • LAURENT FERRIER(ローラン・フェリエ)
  • LAURENT FERRIER(ローラン・フェリエ)
  • LAURENT FERRIER(ローラン・フェリエ)
  • LAURENT FERRIER(ローラン・フェリエ)

"古典的技術と現代技術を融合した究極ドレスウォッチを展開するブランド!"

ローラン・フェリエ」は、スイスのジュネーブにアトリエを構える高級時計メゾンです。

最高峰ブランドのパテック フィリップでムーブメントの設計などに携わってきた、ローラン・フェリエによって2009年に創業されました。

非常に若い時計ブランドながら、その製品は1千万円を超えるものも多く価格は最高クラスに位置するブランドとなっています。

デザインは控えめで落ち着きがありながらも、ディティールの美しさが際立つ圧倒のエレガンスを放っています。

往年の機械式時計の伝統と、現代の最新技術を取り入れたまさに究極のマスターピースといえる時計を作り出しています。

日本でも取り扱いが始まり、時計愛好家から注目を集めています。

広告

ローラン・フェリエの魅力とは?

ローラン・フェリエの魅力は、”超高額なプレミアウォッチながら紳士的なルックス“といえるでしょう。

リシャールミルや、メートル・デュ・タンなどのいわゆる”飛び級“といわれるブランドながら、あくまでも正統派なスタイリングなルックスが他にはない唯一無二の存在となっています。

ローラン・フェリエはこんな人におすすめ!

かなり高額なため手にすることがまず簡単ではありませんが、時計愛好家の富裕層に求められています。

超高額な独立系ブランドの時計としては、オーセンティックなデザインであり年齢の上の層の人に特に似合うといえるでしょう。

ローラン・フェリエの愛用芸能人・有名人

ローラン・フェリエの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

ローラン・フェリエの歴史

ローラン・フェリエ(LAURENT FERRIER)は、2009年にジュネーブで設立され、スイス・ジュネーブにアトリエを構える時計ブランド。

創業者ローラン・フェリエは1946 年スイス・ジュネーブの3世代にわたる時計職人の家で生まれ、ジュネーブの時計学校を卒業後、パテック フィリップでムーブメントの設計などに携わってきた。

自身のブランド創設後、初のコレクションとなる2つのヘアスプリングを備えた「ガレ・クラシツク・トウールビヨン・ダブル・スパイラル」を2010年のバーゼルワールドで発表する。
その機構や審美性に優れた時計は、一躍話題を集めた。

2011年には文字盤が開いて絵が現れる「ガレ・シークレット」、2012年にはナチュラル脱造機と、巻き上げ効率の高い独自の自動巻き機構を搭載した「ガレ・マイクロローター」などのオリジナルモデルを続々と開発している。

一切の妥協のないクオリティーで高品質・少ロットのマスターピースを作り続けている。

ローラン・フェリエの新品・中古はいくらで買えるの?

ローラン・フェリエ新品の購入予算は 700万円~2000万円 くらい、中古の購入予算は 400万円~1000万円 が目安です。

ローラン・フェリエとよく比較されるブランド

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告