シーン別

休日に身に着けたいおすすめメンズ高級腕時計ブランド10選!

オフなシーンをさらに楽しめるメンズ向けラグジュアリーウォッチのおすすめブランドをご紹介したいと思います!

2020.5.31 / 8627

時計上級者になれば、オンやオフなどシーンによって身に着ける時計も変えたいですよね。

アフター5や休日は、より自分らしくおしゃれに決まる時計を身に着ければ気分も楽しくなること間違いないと思います!

そこで!

今回は、休日やオフのアウトドアや旅行、夜遊びで映えるラグジュアリーウォッチのおすすめブランドをご紹介したいと思います!

広告

おすすめランキング!

1 コルム

“唯一無二のスタイルで存在感を発揮するブランド!”

1番目におすすめするのは 「コルム」です。

コルムは、国内外問わず多くのセレブの支持を集めるスイスブランドです。
他のスイスブランドとは違う、独特のデザインセンスが魅力となっています。
展開するコレクションはどれも強烈な個性を放っており、ブランドの中でも多様な世界観を表現しています
唯一無二のコルムスタイルは多くの時計ファンも魅せられています。
フラッグシップの「アドミラル」は、俳優のジョニー・デップ氏やサッカー選手クリスティアーノ・ロナウド氏が着用していたことでも知られます。

新品予算:50万円~80万円

2 ロジェ・デュブイ

“刺激的なラグジュアリーウォッチで人気の新鋭ブランド!”

2番目におすすめするのは 「ロジェ・デュブイ」です。

ロジェ・デュブイは、人気急上昇中のスイスの高級時計ブランドです。
大胆かつフラッシーなデザインが特徴で、周囲の視線を奪う時計は世界中のセレブリティから熱烈な人気を集めまています。
またビジュアルだけでなくすべてのモデルでジュネーブ・シール取得済の確かな品質も合わせ持っています。
日本でも歌手のガクト氏や、大リーガーのダルビッシュ有選手などが着用していることで注目を集めました。
おすすめしたいコレクションは「モネガスク」で、カジノのルーレットをモチーフとしたダイアルは遊び心に溢れオフタイムの時計として最適です。

新品予算:200万円~600万円

3 クストス

“アスリートに人気のスポーツウォッチブランド!”

3番目におすすめするのは 「クストス」です。

クストスは、大胆なスポーツウォッチを生み出す高級時計ブランドです。
大振りなトノーケースに、スケルトンで内部構造がむき出しのダイナミックで未来的なデザインが特徴となっています。
腕元で放つ圧倒的な存在感は、周囲の視線を集めるラグジュアリーウォッチです。
世界の一流アスリートで愛用者が多くメディアでも披露しています。
プロサッカー選手の長友選手が身に着けられていました。

新品予算:100万円~200万円

4 フランク・ミュラー

“気分も明るく陽気にさせてくれるラグジュアリーウォッチ!”

4番目におすすめするのは 「フランク・ミュラー」です。

フランク・ミュラーは、天才時計師の創業者によって設立された高級時計ブランドです。
奇想天外な機構と優美なデザインを融合した傑作時計でセレブの心をつかんでいます。
普遍的なデザインは、ひと目見てフランク・ミュラーと分かるルックスも魅力です。
中でも「カラードリーム」シリーズはホリデーユースにおすすめです。
鮮やかな色使いが魅力のその時計は、自由で陽気な気分にさせてくれる1本です。

新品予算:50万円~300万円

5 ブライトリング

“男らしい時計で高い人気を誇るブランド!”

5番目におすすめするのは 「ブライトリング」です。

ブライトリングは、日本でもオメガやタグホイヤーに並んで人気の高いブランドです。
本格的なパイロットウォッチや、スタイリッシュなスポーツウォッチを展開しています。
中でもおすすめのコレクションは「スーパーオーシャン・ヘリテージ」です。
本格的なハイスペックのダイバーズウォッチで、水にも強く耐久力も非常に高いタイムピースです。
海や山などでアクティブに過ごす休日用の時計としても最適です。

新品予算:30万円~90万円

6 ロレックス

“オフシーンにも最適なキングブランド!”

6番目におすすめするのは 「ロレックス」です。

ロレックスは、時計界最高の名声を持つ王様ブランドです。
数々のコレクションはそのどれもが有名で、個性的な魅力を放っています。
中でも1992年に誕生した「ヨットマスター」はオフシーンにおすすめです。
その名のとおりヨットなど贅沢なマリンスポーツを楽しむセレブのために生まれたタイムピースとなっています。
休日を海上で優雅に過ごす大人に似合う時計といえるでしょう。

新品予算:80万円~300万円

7 オーデマ ピゲ

“誰もがあこがれる最高峰ブランド!”

7番目におすすめするのは 「オーデマ ピゲ」です。

オーデマ ピゲは、世界最高峰の地位に君臨する超一流ブランドです。
フラッグシップの「ロイヤル オーク」は究極のスポーツウォッチとしてあまりにも有名です。
そのサイドレーベルとして誕生した「ロイヤル オーク オフショア」はホリデーウォッチに最適です。
よりスポーティなスペックは、スポーツなどアクティブなシーンでもパフォーマンスを発揮してくれます。

新品予算:300万円~1500万円

8 ユリス・ナルダン

“海洋を思わせる爽やかな時計が魅力のブランド!”

8番目におすすめするのは 「ユリス・ナルダン」です。

ユリス・ナルダンは、“いかり“のトレードマークで知られるスイスの名門ブランドです。
航海用時計の名手として海との強い繋がりを感じさせる時計を展開しています。
フラッグシップの「マリーン クロノメーター」をはじめ、海洋を思わせる爽やかさなデザインが最大の魅力でしょう。
海が好きな人や、休日を船舶やヨットなどで楽しむ人におすすめです。

新品予算:60万円~150万円

9 ルイ・ヴィトン

“休日の旅行を優雅に楽しませてくれるタイムピース!”

9番目におすすめするのは 「ルイ・ヴィトン」です。

世界的ファッションブランドとしてその名前は誰もが知っているルイ・ヴィトン。
時計においても独特な世界観を表現した製品で人気を集めます。
フラッグシップとなる「タンブール」が非常に有名で、太鼓のようなケースが唯一無二の個性を放っています。
」を発想の原点に持つルイ・ヴィトンは、旅行好きな人へのトラベルウォッチとしてもおすすめです。

新品予算:50万円~120万円

10 タグ・ホイヤー

“スポーツウォッチのトップ人気ブランド!”

10番目におすすめするのは 「タグ・ホイヤー」です。

タグ・ホイヤーは、国内でも絶大な人気を誇る高級ウォッチブランドです。
爽やかでスタイリッシュなスポーツウォッチが特徴となっています。
コレクション中でもおすすめしたいのは「モナコ」です。
タグ・ホイヤーの中でも異色のスクエアケースに色鮮やかな配色を施したスポーツウォッチです。
腕元を華やかに演出してくれ、休日におしゃれも楽しみたくなる1本でしょう。

新品予算:20万~120万円

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ご紹介したブランドはどれも高級時計ですが、高いステータスと品質を持った確かなタイムピースです。
贅沢なプライベートのサブ機として必ずや満足できる1本となると思います!

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告