フレデリック・コンスタント

手の届くラグジュアリーを提唱するフレデリック・コンスタント!その魅力やおすすめモデルとは!?

フレデリック・コンスタントは、スイスの時計ブランドです。自社一貫製造の高品質な製品をリーズナブルな価格で展開しています。

2024.3.24 / 10127

広告

フレデリック・コンスタントの基本データ

基本情報

ブランド名
FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)
本拠国
スイス スイス
創業年
1988年年
創業者
ピーター・スタース
新品予算
10万~40万円
中古予算
5万円~20万円
URL
SNS
関連ワード
ハートビート,情熱

ブランド特性

メカニカル

エレガント

ミリタリー

ユニーク

スポーティ

ドレッシー

カジュアル

ステータス

広告

フレデリック・コンスタントってどんなブランド?

  • FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)
  • FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)
  • FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)
  • FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)
  • FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)

"「手の届くラグジュアリー」というコンセプトを持つスイスブランド!"

フレデリックコンスタント」は、1988年創業のスイスのマニュファクチュールウォッチブランドです。
手の届くラグジュアリー“というコンセプトを掲げており、デザインや開発、品質管理まで自社一貫製造の本格的な機械式時計であるにも関わらず、大半のモデルが10万円~30万円と求めやすい高級時計となっています。

世界で初めて文字盤に小窓を空け、内部のムーブメントの駆動を楽しむことができるデザインとなる”ハートビート“ウォッチを発表したことで有名で、オープンダイヤルウォッチの先駆けを築いたブランドとしても知られます。

フレデリックコンスタントの時計は、丸みのあるフォルムが優しい雰囲気を放つ、クラシカルで上品なものとなっています。
豊富なバリエーションを展開しており、シンプルなクォーツ時計から本格的な機械式時計までありとあらゆる時計がラインナップされています。

2015年にはスマホアプリと連動したスマートウォッチ「オルロジカル スマートウォッチ」を発表するなど先進的な時計づくりにも意欲的です。

2016年よりシチズングループの傘下に入り、現在日本での知名度も急速に高めています。

広告

フレデリック・コンスタントの魅力とは?

フレデリック・コンスタントの魅力は”本格的な時計をリーズナブルな価格で楽しめること“といえるでしょう。

一流高級メゾンとそん色ないクオリティながら、手が届く価格を実現する製品は非常にコストパフォーマンスに優れているといえます。
他のブランドでは数百万円はするような複雑機構を、気兼ねなく楽しむことができることは大きな魅力として人気を集めている理由となっています。

フレデリック・コンスタントの定番コレクション

フレデリック・コンスタントのコレクションを紹介しています。

広告

フレデリック・コンスタントはこんな人におすすめ!

知名度こそ高いとはいえませんが、時計愛好家を中心に高い人気を集めているフレデリック・コンスタント。

リーズナブルな価格で、本格的な機械式時計を堪能することができるため、初めて機械式時計や高級時計に挑戦したい人にとてもおすすめしたいブランドです。

ロレックスやオメガといったハイブランドの時計をお持ちであっても、デイリーユースのサブ機としても最適なタイムピースになると思います。

フレデリック・コンスタントの愛用芸能人・有名人

フレデリック・コンスタントの時計を愛用されている芸能人や有名人をご紹介します。

調査中です。

フレデリック・コンスタントの歴史

フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT)は、1988年スイス・トアネに創業したマニュファクチュールブランド。
創業者ピーター・スタースと妻アレッタ・バックスの二人が「Live Your Passion!(情熱をもって!)」というスローガンのもとスタートした。

創業から30年と時計メーカーの中では非常に若いブランドであるが、ブランド名となっている曽祖父であるコンスタント・スタースが1904年に始めた時計の文字盤工房が前身でもあり、伝統的な製造技術を受け継いでいる。

1994年、フレデリック・コンスタントの最大の特徴となるアイコンデザインの世界初オープンダイアル「ハートビート」が考案された。
ハートビートは時計のメカニカル部分を見せるため文字盤上に小窓を開けたデザイン意匠だ。
簡単な細工に見えるが、機械の強度やバランスを保つために高度な技術が必要とされ、技術力の高さの証明ともいえるのである。

2004年には、自社製ムーブメントの開発に成功、2005年からはジュネーブ郊外のプラレワットにマニュファクチュール・ファクトリーを開設し、新体制で時計を製造している。
デザインから設計、組み立てまでを厳しい一貫管理のもと、最先端の環境を取り入れコストを抑えた生産体制を確立している。
また職人が1つひとつていねいに最終チェックをし、出来上がった時計は防水テストや耐久テスト、48時間の動作チェックを経ることで信頼を確かなものへとしている。

創業20周年の2008年には世界で初めて、シリシウムをムーブメントに組み込んだ自社製トゥールビヨンキャリバーFC-980を発表。
翌年には傑作と称されたマキシム オートマチック キャリバーFC-700も作り上げて優れた技術力を世界中に披露している。

2016年には日本の老舗時計メーカーであるシチズンの傘下に入り、国際的な影響力をより強めています。

限られた一部の時計愛好家だけでなく、”より多くの人々に高品質でクラシカルな時計を楽しんでもらう”というのがフレデリックコンスタントの哲学で、自社製ムーブメント搭載ウォッチに手が届くマニュファクチュールブランドとして親しまれている。

フレデリック・コンスタントの新品・中古はいくらで買えるの?

フレデリック・コンスタント新品の購入予算は 10万~40万円 くらい、中古の購入予算は 5万円~20万円 が目安です。