おすすめ

できる男の高級腕時計「IWC」!おすすめしたいコレクション6選!

見た目良し、中身良しのIWCのおすすめコレクションをご紹介していきましょう!

2020.6.1 / 2143

IWC」は、世界でも指折りの一流ウォッチメゾンといえるスイスのブランドです。

オメガやブライトリングなどに比べると知名度は劣るものの、時計ファンなら誰もが知る人気ブランドです。

どこまでも美しい見た目と、優れた品質を兼ね備えた才色兼備な時計を作り続けています。

正統なスタイリングを基調とした控えめで上品なデザインは大人の落ち着きと知性を感じさせるタイムピースとなっています。

高級時計ながらも落ち着いたルックスは周囲からも好印象で、ビジネスウォッチとしても人気があり、女性からの支持も厚くなっています。

品質においてもクロノメーター以上の規格を通すなど非常に優れており、間違いなく一生モノの時計といえるでしょう。

そこで!

コレクションとしては、大定番の「ポルトギーゼ」、名作「パイロット・ウォッチ」が有名ですがそれ以外にも個性的で魅力あふれるタイムピースも揃っています。
同じコレクションでもモデル展開が非常に豊富なのも特徴で、自分だけのこだわりの1本を選ぶ楽しみもあるでしょう。

今回はそんな見た目良し、中身良しのIWCのおすすめコレクションをご紹介していきましょう!

広告

おすすめランキング!

1 ポルトギーゼ

“ダントツ人気の定番「ポルトギーゼ」!”

1番目におすすめするのは 「ポルトギーゼ」です。

ポルトギーゼは、IWCきっての高い人気を誇るフラッグシップコレクションです。
優美な細身ベゼルに洗練された文字盤を持つ端正な顔立ちが魅力です。
やや大振りなケースではあるものの、上品でエレガントな雰囲気に仕上がっているのはさすがIWCといったところです。
正統派なスタイリングで、どんな人の手にも馴染むデザインといえます。
IWCで迷ったらポルトギーゼを選んでおいてまず間違いないでしょう。

新品予算:70万円~250万円

2 パイロット・ウォッチ

“ミリタリーなルックスが渋い「パイロット・ウォッチ」!”

2番目におすすめするのは 「パイロット・ウォッチ」です。

パイロット・ウォッチは、IWCが誇る時計界を代表するパイロットウォッチコレクションです。
イギリス空軍にも正式採用された本格ミリタリーウォッチともなっています。
男らしく渋いルックスながらもIWCらしい洗練された仕上げは、スーツなどに合わせても映えるタイムピースとなっています。
シンプルで機能の追求に特化した「クラシック」シリーズや、イギリス空軍での使用に端を発する「マーク」シリーズが特に人気となっています。
日本では特に人気のあるIWCのコレクションとなっています。

新品予算:60万円~200万円

3 ポートフィノ

“すっきりとした見た目が好きなら「ポートフィノ」!”

3番目におすすめするのは 「ポートフィノ」です。

ポートフィノは、IWCでももっともシンプルスタイルなドレスウォッチです。
クラシカルなリーフ針を配した簡素で落ち着きのあるタイムピースとなっています。
フォーマルな装いに相性がよく、嫌味のないルックスは好感度も高くビジネスウォッチにも最適です。
50万円台からとIWCの中では求めやすい価格も大きな魅力で、エントリーモデルとしてもおすすめです。
オーセンティックなデザインは流行に左右されることなく永く使える1本です。

新品予算:40万円~150万円

4 アクアタイマー

“アクティブに使いたいなら「アクアタイマー」!”

4番目におすすめするのは 「アクアタイマー 」です。

アクアタイマーは、IWCが手がける本格ダイバーズウォッチとなります。
優れた防水性能はスポーツシーンなどでアクティブに使える1本としてはもちろん、毎日使いにも高いパフォーマンスを発揮してくれます。
デザインにおいても独特の波打つようなケースフォルムなど個性を持ちながらも、洗練された爽やかなスタイリングが魅力です。
ドレスウォッチがイメージされやすいIWCにおいて、スポーツウォッチを選びたい人におすすめです。

新品予算:40万円~100万円

5 インヂュニア

“IWCの中でも定番を外したいなら「インヂュニア」!”

5番目におすすめするのは 「インヂュニア」です。

インヂュニアは、耐磁時計として生まれたIWCの中でも少し異色となるコレクションです。
現在は耐磁時計というコンセプトから、高い堅牢性や防水性をも誇るスポーツラインとしてさらなる革新を続けています。
モデルはシンプルなものからスポーティーなものまで多岐にわたり、ライフスタイルや好みに合わせて選択することができます。
IWCでも人とかぶらない1本を求める人におすすめです。

新品予算:40万円~180万円

6 ダ・ヴィンチ

“機構をこだわるなら「ダ・ヴィンチ」!”

6番目におすすめするのは 「ダ・ヴィンチ」です。

ダ・ヴィンチは、コンプリケーションも擁する上位クラスのコレクションとなります。
その名のとおりレオナルドダ・ヴィンチにインスパイアされて名付けられています。
複雑な機構を備えたIWCの技術力を集約させたタイムピースです。
知性を感じさせるインテリジェンスな雰囲気も魅力です。
通なIWCファンや時計愛好家に特に選ばれているコレクションです。

新品予算:50万円~250万円

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか?
やはりポルトギーゼの人気は別格ですが、それ以外にもどれを選んでも間違いのないのがIWCです。
メジャーブランドの次に選びたい格上げ時計としてもイチオシで、ワンランク上を目指す男性にぜひ検討して欲しいブランドです。
あなたのお気に入りの一本を見つけてくだいね!

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告