おすすめ

時計愛好家の憧れ「ブレゲ」!おすすめのコレクション5選!

時計愛好家から特に熱い人気を集めるブレゲのおすすめコレクションをご紹介します。

2020.6.1 / 3552

ブレゲ」というブランドをご存知でしょうか?
腕時計にあまり詳しい人でなければ知らない方も多いでしょうか。

ブレゲは、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ、ランゲ&ゾーネとともに世界5大時計に数えられる超一流時計ブランドです。

時計の歴史を200年早めたともいわれる天才時計技師ブレゲが創設し、かつてはナポレオンマリー・アントワネットなど王皇族に愛されるなどした由緒ある歴史を持ちます。

現在のブレゲの時計は、伝統を継承する古典的な美しさを感じさせるコレクションを展開しています。
上品で優美なデザインと、精巧なムーブメントが融合した逸品が揃います。

今回はそんな時計愛好家から特に熱い人気を集めるブレゲのおすすめコレクションをご紹介したいと思います!

広告

ブレゲの魅力とは?

時計ファンから愛されるといわれるブレゲ、その魅力とはいったい何なのでしょうか?

ロレックスやオメガを始めラグジュアリーブランドの時計を手にしていけば、それにともない機械式時計に詳しくなっていくと思います。

そんな時計の知識や歴史を語る上でブレゲというブランドは、外すことのできない存在です。

それだけ時計愛好家にとっては特別な存在といえるブレゲは、知名度や流行ではなく”本質的な価値”といった点にフォーカスする人に選ばれているのです。

ずばり!ブレゲはこんな人におすすめ!

高級腕時計と言えば真っ先に名前が挙がるロレックスやオメガ、そういったメジャーブランドを経て、次に選んでみたい本物志向の時計をお探しの人におすすめのブランドです。

クラシカルで品格と落ち着いた雰囲気のあるブレゲの時計は、人生経験も豊富なある程度年齢の高い円熟味のある男性に非常に似合うでしょう。

広告

おすすめランキング!

1 クラシック

“もっともブレゲらしい時計を求めるなら「クラシック」!”

1番目におすすめするのは 「クラシック」です。

クラシックは、ブレゲを代表するフラッグシップコレクションです。
ブレゲ針ギヨシェ装飾コインエッジなどブレゲの伝統的な要素がすべて入った、ブレゲのエッセンスが凝縮されたタイムピースとなっています。
伝統を感じさせるクラシカルなデザインは品格の高さを醸し出しています。
シンプルな2針やクロノグラフ、トゥールビヨンなどなど実に多彩なモデルが揃います。

新品予算:200万円~400万円

2 マリーン

“実用性を求めるなら「マリーン」!”

2番目におすすめするのは 「マリーン」です。

マリーンは、ブレゲきってのスポーツラインとなるコレクションです。
フランス海軍の航海用精密時計からインスピレーションを得て生まれた時計とされています。
ブレゲ針やケースのフルート装飾といった上品なブレゲのスタイルもしっかりと残されています。
フォーマルからカジュアルまで服装を選ばないデザインに、高い放水性能も備え、優れた実用性で日常使いの時計としても存分に活躍してます。

新品予算:200万円~500万円

3 タイプトゥエンティ

“ミリタリーが好みなら「タイプトゥエンティ」!”

3番目におすすめするのは 「タイプトゥエンティ」です。

タイプトゥエンティは、フランス海軍に採用された本格軍用パイロットウォッチを元とするコレクションです。
現行コレクションは一般向けであるものの、回転ベゼルフライバック機能もそのまま受け継がれているなど伝統を残す仕様は時計ファンの心をくすぐる時計となっています。
アエロナバルとトランスアトランティックシリーズに分けられます。
クラシカルなミリタリーウォッチが好きな人におすすめのタイムピースです。

新品予算:200万円~400万円

4 トラディション

“最高峰の機構を備えるハイエンドモデル「トラディション」!”

4番目におすすめするのは 「トラディション」です。

2005年に誕生したブレゲの最高級コレクションとなるトラディション。 創業者ブレゲによって考案された伝説の懐中時計「スースクリプション」にインスピレーションを得て創作された。 衝撃吸収用保護装置「パラシュート」や、「可変慣性テンプ」など最高度な仕組みが備わっている。 ブレゲファンのみならず、機械式時計愛好家にはたまらないタイムピースとなっている。

新品予算:250万円~500万円

5 ヘリテージ

“クラシカルな雰囲気を求めるなら「ヘリテージ」!”

5番目におすすめするのは 「ヘリテージ」です。

ヘリテージは、トノーケースが特徴のクラシカルな雰囲気を放つドレスウォッチコレクションです。
ケースサイドのフルート装飾や文字盤のギヨシェ装飾など、もちろんブレゲスタイルは随所に施されています
品が溢れる時計は、フォーマルなシーンに非常にマッチするといえるでしょう。
ブレゲの中でも、定番以外のコレクションを求める人におすすめです。

新品予算:300万円~600万円

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「伝統的な技術」や「洗練された美」で時計ファンを魅了するブレゲのコレクションをご紹介しました。
どのコレクションをとっても、品格のあるブレゲスタイルを持っていいます。
本物志向で時計を選びたい人はぜひブレゲを検討してみてくださいね!

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告