シーン別

山や海などのアウトドアで使いたいおすすめの高級腕時計12選!

山や海といった過酷なアウトドアシーンでも頼れるタフスペックな本格・高級時計ブランドの人気のおすすめコレクションをご紹介していきたいと思います!

2020.5.31 / 15218

クライミングに、トレッキング、キャンプ、ダイビングなど、日常から離れ自然の中でダイナミックに休日を最高に楽しめるのがアウトドアです。

しかし、時に自然の中ではあらゆる過酷な状況下に身を置くこともあります。

そんなアウトドアシーンに欠かせない必須アイテムのひとつが腕時計です。
アウトドアでは、やはり高い耐久性や機能性を備えた信頼できるものを着けておきたいところですね。

そこで!

今回は山や海といった過酷なアウトドアシーンでも頼れるタフスペックな本格・高級時計ブランドの人気のおすすめコレクションをご紹介していきたいと思います!

広告

おすすめランキング!

1 エクスプローラー

“冒険家のために生まれたロレックスウォッチ!”

ブランド: ロレックス イギリス

1番目にご紹介するのは ロレックスの「エクスプローラー」です。

エクスプローラーは、名前のとおり”冒険家のための時計“というコンセプトを持って生まれたロレックスの定番コレクションのひとつです。
アウトドアでの実用性を最重視した、無駄を省いたシンプルなデザインとタフなスペックが特徴となっています。
控えめなデザインはビジネスでもカジュアルでも身に着けられる万能なロレックスとして人気を得ています。

新品予算:50万円~100万円

2 ダイバーズウォッチ

“5,000mまでの防水を実現した脅威のダイバーズウォッチ!”

ブランド: ジン ドイツ

2番目にご紹介するのは ジンの「ダイバーズウォッチ」です。

ジンは、先進テクノロジーを駆使した製品で人気を高めているブランドです。
ダイバーズウォッチコレクションは、潜水艦Uボートの鋼鉄を時計ケースに使用し、5,000mまでの防水を実現した脅威のスペックを誇るダイバーズウォッチとなります。
ダイビングウォッチとしてはもちろん、どんなアクティブなスポーツシーンなどでも最高のパフォーマンスを発揮してくれます
無骨な見た目は飾らない男らしい時計が好きな人におすすめです。

新品予算:30万円~50万円

3 コルト

“本格ミリタリースペックを持つパイロットウォッチ!”

ブランド: ブライトリング スイス

3番目にご紹介するのは ブライトリングの「コルト」です。

ブライトリングは、本格ミリタリーパイロットウォッチなどで世界でトップクラスの人気を誇るスイスの高級時計ブランドです。
コルトは、初代ミリタリーシリーズとなるパイロットウォッチコレクションです。
堅牢性、機能性、視認性に優れる製品は、アウトドアでも高いパフォーマンスを発揮してくれます。
ブライトリングの中でも最もコストパフォーマンスが高いのも魅力です。

新品予算:20万円~60万円

4 クロノオフショア1

“マリンスポーツをおしゃれに楽しめる時計!”

ブランド: エドックス スイス

4番目にご紹介するのは エドックスの「クロノオフショア1」です。

エドックスは、ファッショナブルなスポーツウォッチを中心に展開しているスイスの老舗時計ブランドです。
クロノオフショア1は、エドックスを代表するダイバーズウォッチコレクションです。
パワーボートやダイビングなど過酷な環境下での使用を想定されたタフスペックとなっています。
マリンスポーツなどで高いパフォーマンスを発揮してくれるタイムピースです。
男らしいデザインはファッション性も高く、おしゃれにこだわる人にもおすすめです。

新品予算:20万円~40万円

5 イノックス

“アウトドアユースへ特化したタフを極める1本!”

ブランド: ビクトリノックス・スイスアーミー スイス

5番目にご紹介するのは ビクトリノックス・スイスアーミーの「イノックス」です。

ビクトリノックス・スイスアーミーはマルチツールナイフなどで世界的に知られるアウトドアブランドです。
時計製品においてもアウトドアシーンでの使用を中心に考えたタフさがウリの時計が揃っています。
イノックスは、そんな同社の優れた技術力を落とし込んだ最強スペックのコレクションとなっています。
パラコード製ストラップや、チタンケースなどあらゆる過酷なダメージに耐える超絶な耐久力を誇り、アウトドアシーンで頼れる頼もしいタイムピースとなっています。

新品予算:8万円~15万円

6 エンジニアマスターⅡ

“プロアスリートへ向けたコスパにも優れるスポーツウォッチ!”

ブランド: ボール ウォッチ アメリカ

6番目にご紹介するのは ボール ウォッチの「エンジニアマスターⅡ」です。

ボールウォッチは、堅牢で男らしい時計を作り続けているアメリカの時計ブランドです。
鉄道公式時計として長く採用され、”どんな環境のもとで正確に時を告げる時計“造りを貫いています。
エンジニアマスターⅡは、プロアスリートの使用を前提に開発されたスポーツウォッチコレクションです。
スポーツシーンはもちろんさまざまなアクティビティシーンで抜群のパフォーマンスを発揮してくれます。
その品質には見合わない比較的求めやすい価格設定も魅力です。

新品予算:15万円~25万円

7 BR 03

“唯一無二の個性が光るおしゃれななミリタリーウォッチ!”

ブランド: ベル&ロス フランス

7番目にご紹介するのは ベル&ロスの「BR 03」です。

ベル&ロスは、1992年設立とまだ若いフランスの高級腕時計ブランドです。
独自性の高いファッショナブルなミリタリーウォッチを展開しています。
性能にも強くこだわっており本格水準のハイスペックウォッチとなっています。
BR03は、ベル&ロスの定番のコレクションです。
ミリタリーウォッチながら無骨さを抑えたスタイリッシュなデザインは、ラルフローレンにも高く評価されました。
アウトドアシーンでもばっちり決まるタフでおしゃれなタイムピースです。

新品予算:30万円~60万円

8 カーキ フィールド

“アーミースタイルは、アウトドアファッションにも最高に似合う1本!”

ブランド: ハミルトン アメリカ

8番目にご紹介するのは ハミルトンの「カーキ フィールド」です。

ハミルトンは、高品質ながら求めやすい価格で世界中で愛されているアメリカの一大時計ブランドです。
カーキフィールドは、ミリタリーウォッチとして生まれた人気コレクションです。
クラシカルなアーミースタイルのルックスに、中身は現代的なスペックを備えています。
機能性と実用性を兼ね備えた時計は、アウトドアにはもちろん毎日の普段使いでも活躍してくれます。
クオーツモデルが中心なので時計初心者の人でも安心です。

新品予算:5万円~15万円

9 ジーショック

“世界一の衝撃耐性を誇るスポーツウォッチ!”

ブランド: カシオ 日本

9番目にご紹介するのは カシオの「ジーショック」です。

カシオは、日本人ならお馴染みの時計ブランドですが世界でも広く使われています。
Gショックは、世界中で爆発的な人気を集めたカシオを代表する時計です。
類を見ない耐衝撃性能を誇り、その信頼性の高さから世界各国の特殊部隊や消防士など過酷な状況で働くプロフェッショナルに支持されています。
山登りやキャンプなどのアウトドアシーンに最高のパフォーマンスを発揮してくれます。
非常に求めやすい価格なのも大きな魅力です。

新品予算:2万円~10万円

10 アビアティス

“最先端の技術から生まれるタフスペックウォッチ!”

ブランド: フォルティス スイス

10番目にご紹介するのは フォルティスの「アビアティス」です。

フォルティスは、宇宙開発分野において先駆的なスペシャリストとしての地位を築く時計ブランドです。
フォルティスの時計は、過酷な宇宙環境までを視野に入れたタフで堅牢な時計が揃います。
アビアティスは同社渾身のパイロットウォッチコレクションです。
両面無反射サファイアクリスタルケース、スーパールミノバインデックスを採用し、抜群の視認性と高い耐圧性を誇るタイムピースとなっています。
そのタフスペックは過酷なアウトドアでの使用でも信頼できる1本です。

新品予算:15万円~35万円

11 エムツー

“ミリタリー好きにたまらないパイロットウォッチ!”

ブランド: チュチマ ドイツ

11番目にご紹介するのは チュチマの「エムツー」です。

チュチマは、ドイツ軍にも採用されるミリタリーパイロットウォッチで知られるドイツの時計ブランドです。
M2は、フラッグシップとなるパイロットウォッチコレクションです。
高い耐久性と機能性を備えており、さまざまなアウトドアなシーンで活躍してくれます。
飾り気のない無骨なルックスはミリタリーファンに人気を集めています。

新品予算:30万円~70万円

12 アクイス

“求めやすい価格ながら本格的なスペックを持ったダイバーズウォッチ!”

ブランド: オリス スイス

12番目にご紹介するのは オリスの「アクイス」です。

オリスは、ロレックスよりもさらに古い歴史を持つスイスの名門ブランドです。
アクイスは、オリスを代表するダイバーズウォッチコレクションです。
30気圧以上の防水性能に、逆回転防止ベゼル、暗光インデックスなどを備えた本格的なスペックを備えています。
高い機能性はマリンスポーツなどアクティブなシーンでの着用はもちろん、都会的でスタイリッシュなデザインなのでビジネスなどでも使える万能な1本となるでしょう。

新品予算:10万円~20万円

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回紹介した時計はいずれも値は張りますが、高い信頼をおける一流ブランドの時計です。
アウトドアを思いっきり楽しめるようにも、本格的なタフウォッチを1本持たれてみてはどうでしょうか。
どうぞご参考くださいね!

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告