プレゼント

定年祝いに贈りたいメンズ高級腕時計人気ブランドおすすめ11選!

定年のお祝い、プレゼントとしておすすめしたい高級腕時計ブランドをご紹介していきたいと思います。

2020.5.31 / 4896

この度めでたく定年退職を迎えるご家族へ、これまでの感謝を込めてお祝いとして腕時計をプレゼントされてはいかがですか?

時計というのは、第二の人生を歩む道具としてとても素敵なプレゼントになると思います。

また、本格的なブランドを選ぶことで一生ものとして愛着を持って永く使い続けることができしょう。

そこで!

今回は、定年のお祝い、プレゼントとしておすすめしたい高級腕時計ブランドをご紹介していきたいと思います!

広告

おすすめランキング!

ロレックス

“世代を越えて価値を持つトップブランド!”

1番目におすすめするのは 「ロレックス」です。

誰もがその名を知る王様ブランドのロレックスですがやはり定年祝いでもイチオシです。
有名なクラウンロゴが印された時計は最高のステータスアイテムであるといっても過言でありません。
ネームバリューだけでなく、製品クオリティにおいても非常に優れたものとなっています。
壊れにくい時計“といわれるロレックスは、独自の堅牢性の高いケース構造や、実用性を優先したシンプルな機構により非常に永く使えるクオリティを誇っています。
一生モノとしてはもちろん、次の代へと引き継いでもゆける時計としても価値を備えています。

新品予算:80万円~300万円

モンブラン

“高級万年筆で知られるクラフトマンブランド!”

2番目におすすめするのは 「モンブラン」です。

モンブランは、万年筆でその名前を聞いたことがある人も多いともいます。
そんなモンブランは時計においても見た目も中身も優れた製品で高い評価を得ています。
伝統の職人技が光る繊細で丁寧な仕上げに、高精度なムーブメントを備えています。
機能美に満ちた知性が溢れるインテリジェンスなデザインが魅力です。
経験を重ねた大人に似合うタイムピースといえるでしょう。

新品予算:20万円~80万円

ロンジン

“由緒あるスイスの老舗時計ブランド!”

3番目におすすめするのは 「ロンジン」です。

ロンジンは、第1回オリンピック公式時計にもなった由緒あるスイスの時計ブランドです。
決して目立つブランドではありませんが、時計界では名門として確かな地位にあります。
控えめで正統派なデザインが特徴で、落ち着きと気品が溢れる時計は紳士に似合う時計といえるでしょう。
高級ブランドながら比較的求めやすい価格も魅力です。
日本でもTVドラマ「相棒」で主演の水谷豊氏が見につけられていたことで注目を集めました。

新品予算:20万円~60万円

ゼニス

“ムーブメントの名手として知られる名門ブランド!”

4番目におすすめするのは 「ゼニス」です。

ゼニスは、最高水準のムーブメントを作り出すことで知られるスイスメゾンです。
特に「エル・プリメロ」を代表するクロノグラフムーブメント開発では時計界でも随一を誇ります。
そのムーブメントはロレックスをはじめ一流ブランドにも採用されています。
そんなゼニスの時計は、エレガントで洗練されたデザインが魅力となっています。
時計愛好家や本物志向の人に選ばれているブランドです。

新品予算:50万円~90万円

“紳士に似合う時計ブランド!”

5番目におすすめするのは 「」です。

ジャガー・ルクルトは、名門マニュファクチュールとしてしられるスイスのブランドです。
良質な時計作りにひたむきな”職人気質“なブランドで、卓越した技術から作られる非常に優れた品質の時計を生み出しています。
見た目において際立った派手さはありませんが、紳士的で落ち着いた大人の雰囲気はまさにジェントルマンに似合う時計といえます。
時計愛好家が行き着くブランドといわれ時計好きな人におすすめです。

新品予算:60万円~200万円

“世界に誇る最高精度の時計を生み出す日本ブランド!”

6番目におすすめするのは 「」です。

セイコーは、世界的にも有名な日本を代表する時計ブランドです。
世界でもその名は非常に有名で、クオーツ時計の先導者として名を轟かせています。
安心のジャパンメイドに、日本人に合わせた時計は非常に馴染みやすい時計となっています。
定年お祝いには高級ラインとなるグランドセイコーなどはいかがでしょうか。
確かなステータスと一生ものの品質を備えた間違いない1本です。

新品予算:2万円~80万円

IWC

“秀逸な時計を作り続ける一流ブランド!”

7番目におすすめするのは 「IWC」です。

IWCは、世界指折りの一流時計ブランドです。
質実剛健な姿勢で知られ、見た目も中身も素晴らしい時計を作り続けています。
余計な派手さや要素を省いた、どこまでも洗練されたデザインは飽きが来ず永く使える時計となっています。
厳しい品質検査だけでなく、永久修理にも対応していることなども魅力です。
一生ものの時計として間違いない価値を持つ1本です。

新品予算:60万円~200万円

ブレゲ

“ナポレオンも愛したロイヤルブランド!”

8番目におすすめするのは 「ブレゲ」です。

ブレゲは、ナポレオンも愛したといわれる格式あるスイスの時計ブランドです。
時計愛好家なら誰しも憧れる存在となっています。
ブレゲ針ギヨシェ彫りなどが施された時計は、工芸品のような美しい姿が魅力となっています。
クラシカルで貫禄を秘めた雰囲気は年齢を重ねた人に似合うタイムピースといえるでしょう。

新品予算:100万円~400万円

グラスヒュッテ・オリジナル

“ため息ものの美しい時計を生み出すドイツブランド!”

9番目におすすめするのは 「グラスヒュッテ・オリジナル」です。

グラスヒュッテ・オリジナルは、ドイツの至高として崇められる名門ウォッチメゾンです。
製品は自社で一貫生産されており、一流職人の手によって一つ一つ丁寧に仕上げられます。
王道のドレスウォッチからスポーティな腕時計まで展開しており、デザイン性・ムーブメント性能・外装仕上げといった全てが高いクオリティとなっています。
ドイツらしい、ディティールまで洗練された時計はため息ものの美しさとなっています。

新品予算:40万円~200万円

H.モーザー

“独自のコンセプトとセンスで魅せる高級ウォッチブランド!”

10番目におすすめするのは 「H.モーザー」です。

H.モーザーは、独自の信念で唯一無二の時計を生み出す高級時計ブランドです。
一つ一つのコレクションに思いと精神が込められた時計を展開しています。
神秘的なグラデーションを盤面に用いたデザインでも知られます。
時代や流行に流されず独自の感性や信念を貫くブランドポリシーは、強い意志で人生を歩んできた男性に相応しい時計といえるでしょう。

新品予算:150万円~250万円

マイスタージンガー

“シングルハンドでスローライフを提案するブランド!”

11番目におすすめするのは 「マイスタージンガー」です。

マイスタージンガーは、”シングルハンド“の時計で知られるドイツのブランドです。
シングルハンドとは、一本の時間針が文字盤上を12時間かけて一周しながら時刻表示する時計です。
現代では非常にめずらしい時計ですが、ゆったりと進む針は時間に縛られないゆとりを感じさせてくれます。
慌しい仕事人生を離れ、自分らしく有意義な時間を過ごしていく人におすすめなタイムピースです。

新品予算:20万円~50万円

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ご紹介した腕時計ブランドは、いずれも一流の時計ブランドです。
高級時計となるので決して求めやすいものではありませんが、どれを選んでも間違いのない価値を持っています。

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告