ジャンル別

男らしさが魅力のパイロットウォッチ!おすすめ人気時計14選!

時計の中でも定番のパイロットウォッチ!高級人気ブランドのおすすめパイロットウォッチコレクションをご紹介していきまます。

2020.5.29 / 8371

あなたが今、時計選びに迷っているのでしたら、「パイロットウォッチ」はいかがでしょうか?
時計選びにおいてもさまざまなジャンルが存在しますが、その中でも定番であり常に上位の人気を誇るのがパイロットウォッチです。

パイロットウォッチはその名の通り、パイロットが航行中に使用することを想定した必要な機能を搭載した時計となっています。
そのルーツは近代的なジェット旅客機などではなく、セスナ機や軍用機の過酷な状況下で操縦する飛行士へ向けたものとなっており、高い視認性と機能性などが最重視されているのが特徴です。
そんなパイロットウォッチの魅力は、男なら誰もが憧れる”空”と”パイロット”という存在を身近に楽しむことができるロマンに溢れる時計といえます。

そこで今回は高級人気ブランドのおすすめパイロットウォッチコレクションをご紹介していきましょう!

広告

パイロットウォッチの特徴とは?

パイロットウォッチの特徴をあらためてご紹介します。

1つ目は、「視認性の高さ」です。
一目で時間を把握できるようにインデックスや針など、視認性を重視した作りになっています。

2つ目は、「耐久性の高さ」です。
気圧や磁気など機器に対する万全の耐久性を備えており、過酷な状況下でもしっかりと時を刻みます。

3つ目は、「操作性の良さ」です。
厚手の手袋を装着することもあったパイロットに扱いやすいように、大振りなプッシュボタンやリューズなど操作しやすい作りになっています。

4つ目は、「多彩な機能性」です。
ストップウォッチのついた「クロノグラフ機能」、時速を計測できる「タキメーター機能」、世界各国の主要都市の現在時刻がわかる「ワールドタイマー機能」、飛行速度や燃費、上昇・下降距離などの計測ができる「回転計算尺機能」など多彩な機能を搭載しています。

以上が、パイロットウォッチの特徴です。

パイロットウォッチの魅力とは?

パイロットウォッチの魅力とはいったい何でしょうか?

それは、男のロマンに溢れている点ではないでしょうか。

機能性に満ちたギミックは戦闘機やジェット機などのミリタリーやマシンが好きという男性にとって非常に魅力的なものでしょう。

また、武骨で男らしいルックスはたくましさに溢れ自らも強く鼓舞してくれるような時計といえます。

男なら誰もが1度はそのカッコよさに憧れた、パイロットの世界を触れて感じとることができるのです。

広告

おすすめランキング!

パイロット・ウォッチ

“元祖といわれる名作パイロットウォッチ!”

ブランド: IWC スイス

1番目にご紹介するのは IWCの「パイロット・ウォッチ」です。

IWCのパイロット・ウォッチは、1936年に作られた世界初のパイロットウォッチといわれる時計界の名作時計として知られています。
パイロットウォッチの原点にして、最古のルーツを持つすべてのパイロットウォッチの頂きに立つコレクションといえるでしょう。
スイスの名門IWCの時計ともあり、見た目においても品質においても最高峰の完成度を誇っています。
そんな絶対的なステータスを持つIWCのパイロットウォッチを1位としました。

新品予算:60万円~200万円

ナビタイマー

“パイロットウォッチの最高傑作といわれるタイムピース!”

ブランド: ブライトリング スイス

2番目にご紹介するのは ブライトリングの「ナビタイマー」です。

ナビタイマーは、パイロットウォッチ分野ではIWCと双璧をなす一流時計ブランド、ブライトリングの名作コレクションとなります。
ナビタイマー1は、世界各国の空軍公式時計に採用されている本格ミリタリーウォッチとなっており、航空計算尺付きクロノグラフを備えた航空計器のような複雑な文字盤が特徴となっています。
メカニカルなルックスはマシン好きな男心をくすぐるタイムピースとなっています。

新品予算:40万円~150万円

クロノマット

“スタイリッシュなルックスが魅力の本格パイロットウォッチ!”

ブランド: ブライトリング スイス

3番目にご紹介するのは ブライトリングの「クロノマット」です。

3番目におすすめするのは、こちらもブランドリングからレクションです。
クロノマットは、ブライトリングのフラッグシップとなり、ナビタイマーよりも高い人気を誇るコレクションです。
プロ仕様の高い機能性と堅牢性を備えたハイスペックな時計となっています。
男らしくもスタイリッシュなルックスは、フォーマルでもカジュアルでも場面を選ばず身に着けられるのが魅力です。

新品予算:60万円~100万円

GMTマスターⅡ

“高いデザイン性とネームバリューを持つ人気コレクション!”

ブランド: ロレックス イギリス

4番目にご紹介するのは ロレックスの「GMTマスターⅡ」です。

GMTマスターⅡは、その名のとおりGMT機能を搭載するロレックスの唯一のパイロットウォッチコレクションとなります。
セパレートカラーのベゼルがファッション性も高く、ロレックスでも常に安定の人気を誇ります。
もともと航空会社の依頼で開発されたため、ミリタリー要素がないのが他のブランドのパイロットウォッチと大きく違う点になります。
ロレックスのステータスとネームバリューも大きな魅力です。

新品予算:70万円~200万円

タイプトゥエンティ

“現代的なミリタリースタイルが魅力のコレクション!”

ブランド: ブレゲ フランス

5番目にご紹介するのは ブレゲの「タイプトゥエンティ」です。

タイプトゥエンティは、世界指折りの一流時計ブランドとなるブレゲが誇る渾身のパイロットウォッチコレクションとなります。
かつてフランス空軍により要請し採用された本格派ミリタリーのルーツを持っています。
味わい深いクラシカルながらにモダンなエッセンスがマッチした魅力的なタイムピースです。

新品予算:200万円~400万円

カーキ アビエーション

“手の届く本格派ミリタリーとなるパイロットウォッチ!”

ブランド: ハミルトン アメリカ

6番目にご紹介するのは ハミルトンの「カーキ アビエーション」です。

ハミルトンは、求めやすい価格と高品質な製品で世界的に高い人気を誇るアメリカの一大時計ブランドです。
カーキ アビエーションは、米軍御用達の軍用時計としても採用される本格ミリタリーウォッチコレクションです。
リーズナブルな価格と、実用的なスペックは時計初心者の人や、初めてのパイロットウォッチとしてもおすすめです。

新品予算:5万円~15万円

インストゥルメント クロノグラフ

“万能な実用性が魅力のコレクション!”

ブランド: ジン ドイツ

7番目にご紹介するのは ジンの「インストゥルメント クロノグラフ」です。

インストゥルメント クロノグラフは、元空軍パイロットであった創業者が作り出したパイロットの実用性を徹底的に重視されたパイロットウォッチとなっています。
その抜群の視認性と操作性さらにはタフなスペックで日常使いとしても最高のパフォーマンスを発揮してくれます。
無駄な装飾を一切省いたシンプルなデザインも洗練された魅力が溢れるものとなっています。

新品予算:25万円~35万円

パイロット

“ヴィンテージ感が魅力なパイロットウォッチ!”

ブランド: ゼニス スイス

8番目にご紹介するのは ゼニスの「パイロット」です。

パイロットは、最高峰ムーブメントサプライヤーと知られるゼニスの誇るパイロットウォッチコレクションです。
ブロンズのケースにヌバックベルトなど、味のあるヴィンテージ感溢れる姿が魅力となっています。
外見とは反対に最新高性能ムーブメントを搭載した時計は信頼性も高いタイムピースとなっています。

新品予算:40万円~80万円

アビアティス

“男らしさが溢れるタフネスウォッチ!”

ブランド: フォルティス スイス

9番目にご紹介するのは フォルティスの「アビアティス」です。

フォルティスは、宇宙分野で絶大な信頼を獲得しているスイスの時計ブランドです。
スペースウォッチで磨いた技術力を活かしたパイロットウォッチがアビアティスです。
世界の60以上もの飛行部隊で装備品として採用されている高い信頼を獲得するタイムピースとなっています。

新品予算:15万円~35万円

サントス ドゥ カルティエ

“歴史ある名作パイロットウォッチコレクション!”

ブランド: カルティエ フランス

10番目にご紹介するのは カルティエの「サントス ドゥ カルティエ」です。

サントス ドゥ カルティエは、飛行家アルベルト・サントス・デュモンに向けたパイロット用腕時計として誕生した歴史あるパイロットウォッチです。
角を丸くした特徴的なスクエアケースが印象的で、どこか懐かしい雰囲気が魅力となっています。
カルティエらしくデザイン性に富んだファッショナブルな時計を求める人に人気を集めています。

新品予算:60万円~200万円

エアマン

“アメリカ軍が着用したミリタリーパイロットウォッチ!”

ブランド: グライシン スイス

11番目にご紹介するのは グライシンの「エアマン」です。

グライシンは1914年から続くスイスの老舗ウォッチブランドです。
エアマンは、アメリカ軍パイロットが実際に着用した軍用パイロットウォッチとして知られるミリタリーウォッチです。
男らしい本格ミリタリーのパイロットウォッチを求める人におすすめです。

新品予算:10万円~20万円

パイオニア

“男らしさと色気を兼ね備えたコレクション!”

ブランド: ハンハルト スイス

12番目にご紹介するのは ハンハルトの「パイオニア」です。

ハンハルトは、クロノグラフの名手として知られるブランドです。
パイオニアは、ハンハルトのフラッグシップコレクションです。
クロノグラフの赤いプッシュボタン”レッドプッシャー“が印象的な男らしくも色気が案じられるタイムピースとなっています。
高い品質ながらコストパフォーマンスが良く手が届きやすい価格設定になっているのも魅力です。

新品予算:20万円~40万円

ヘリテージ

“アンティークさが魅力のタイムピース!”

ブランド: ロンジン スイス

13番目にご紹介するのは ロンジンの「ヘリテージ」です。

ヘリテージは、世界初の単独大西洋無着陸横断を達成したときのロンジンの名作時計を復刻させたパイロットウォッチとなっています。
クラシカルでアンティーク風なデザインが特徴です。
一般的な無骨で力強いパイロットウォッチではなく、凛とした落ち着きがある時計が好きな人へおすすめです。

新品予算:15万円~30万円

ビッククラウン プロパイロット

“コストパフォーマンスに優れるパイロットウォッチ!”

ブランド: オリス スイス

14番目にご紹介するのは オリスの「ビッククラウン プロパイロット」です。

オリスは、コストパフォーマンスに優れた高品質なスイスウォッチで人気を集めるブランドです。
ビッククラウン プロパイロットは、プロ向けとなるスペックを誇る本格パイロットウォッチとなっています。
高い視認性と耐久性を備え、無骨過ぎないスタイリッシュなルックスで普段使いとしても存分に使える万能な時計となっています。

新品予算:10万円~25万円

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はパイロットウォッチの魅力とおすすめの人気ブランドのコレクションをご紹介していきました。
日常使用においてはオーバースペックと思われがちですが、その高いスペックはアクティブにガンガン使える時計として活躍してくれるでしょう。
次の時計選びに男心をくすぐるロマンやかっこよさが溢れるパイロットウォッチを一度手にとってみてはいかがでしょうか。

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告