ジャンル別

高級ブランドのGMT・UTC・ワールドタイムウォッチおすすめ9選!

出張や海外旅行にも最適な高級腕時計ブランドのおすすめGMT・UTC・ワールドタイマーウォッチコレクションをご紹介したいと思います!

2020.5.31 / 2003

海外出張が多いビジネスマンや、海外旅行が趣味の方は、常々行き先や母国の時刻を瞬時に確認したい場面ということがあると思います。

そんな人におすすめしたいのがGMT・UTC・ワールドタイマーウォッチです!
これらは各国の時刻を確認できる機能が搭載された腕時計となっています。

そこで!
今回は高級腕時計ブランドのおすすめのGMT・UTC・ワールドタイマーウォッチコレクションをご紹介したいと思います!

広告

GMTとUTCの違いは?どっちがいい?

GMTとUTCの違いと、どちらがいいのか。多くの人が気になるのがこれだと思います。

まず、GMT(Greenwich mean time)は「グリニッジ標準時」と呼ばれ、英国のグリニッジ天文台で天文観測によって決められる地方平均時刻です。GMTは昔から使われていた世界時刻の算出方法でありますが、世界時にわずかなずれが起こってしまいます。

そこで、世界時の誤差が0.9秒以上ならないようにセシウム原子を利用した算出するのがUTC「Universal time coordinated」と呼ばれる「協定世界時」であり、現在世界の基準となっている時刻です。

つまり端的にいえば、GMTよりUTCの方が先進的であり正確ということになります。
しかし日常生活においては違いは無いと考えてよく、同じものとして考えてよいでしょう。

また基本的に第2時刻まで表すGMTとUTC時計に対して、世界各国の時刻を表示できる機能を持つ時計をワールドタイムウォッチと呼んでいます。

広告

おすすめランキング!

1 GMTマスターⅡ

“ロレックスの誇る人気のGMTウォッチ!”

1番目におすすめするのは 「GMTマスターⅡ」です。

GMTマスターⅡは、ロレックスにおける安定の人気を誇る定番コレクションです。
航空パイロットのために、2カ国以上の時刻が表示できるGMT機能を搭載したパイロットウォッチとなります。
セパレートカラーのベゼルが特徴の馴染みのデザインは、知る人ならその見た目ですぐにロレックスと分かるものとなっています。
シリーズの中でも黒×青は通称「バットマン」、青×赤の通称「ペプシ」は現行モデルで断然人気となっています。
高い知名度、ステータス、実用性が魅力です。

新品予算:70万円~200万円

2 パイロット・ウォッチ

“パイロットウォッチの大定番と認められる名作!”

2番目におすすめするのは 「パイロット・ウォッチ」です。

IWCは、実際の空軍にも採用される本格ミリタリーパイロットウォッチで知られるスイスの高級時計ブランドです。
パイロット・ウォッチは、名前の通りIWCが誇るパイロットウォッチコレクションであり、同社でも1位2位を争うフラッグシップです。
優れた視認性・耐磁性を持ち、気温の変化にも対応するプロユースウォッチです。
タイムゾーナー」モデルでは、ベゼルを上から押しながら希望のタイムゾーンを選択し手を離すという直感的に操作できるワールドタイム・ウォッチとなっています。

新品予算:60万円~200万円

3 トランスオーシャン

“空の旅を優雅に楽しむ人向けのタイムピース!”

3番目におすすめするのは 「トランスオーシャン」です。

ブライトリングは、高い人気を誇る高級時計のトップブランドのひとつです。
トランスオーシャンは、力強いブライトリングの時計の中でも優美でエレガントなデザインが魅力のコレクションです。
クロノグラフ ユニタイム」モデルは、ロンドン、モスクワ、バンコク、東京、ニューヨーク、リオデジャネイロなど、世界24都市の時刻が瞬時にわかるユニタイム機能を実現した自社製キャリバーB05を搭載しています。

新品予算:50万円~120万円

4 スカイドゥエラー

“ロレックスのコンプリケーションコレクション!”

4番目におすすめするのは 「スカイドゥエラー」です。

スカイドゥエラーは、2012年に発表された新しいコレクションとなり、アニュアルカレンダーGMT機能を搭載したロレックス初のプチコンプリケーションウォッチとなります。
ロレックスの中でも最高級クラスのコレクションであり、世界を飛び回るエグゼクティブやセレブにふさわしいタイムピースといえるでしょう。
文字盤内の第2時刻を示す「24時間表示ディスク」が特徴で、ホームタイムやローカルタイム、複数の時間帯を表示できるため各国の時間を瞬時に確認できるものとなっています。
またそれぞれの操作方法は至って簡単になっており、実用性に強いこだわりを持つロレックスらしさも感じさせてくれます。
高級感が溢れるエレガントで洗練されたデザインはさすがロレックスといったところです。

新品予算:200万円~400万円

5 ジオフィジック ユニバーサルタイム

“個性的で優美なワールドタイムウォッチ!”

5番目におすすめするのは 「ジオフィジック ユニバーサルタイム」です。

ジャガー・ルクルトは、時計界屈指の技巧力を誇る職人気質なメゾンとして知られる時計ブランドです。
ジオフィジックは、過酷な極地へ挑む探検家に向けた時計として生まれたコレクションです。

ジオフィジック「ユニバーサルタイム」モデルは、トゥルーセコンド機能に加えて24ものタイムゾーンが一目で分かるワールドタイムウォッチとなっています。
個性的であり、エレガントな雰囲気も溢れるルックスも魅力です。

新品予算:90万円~250万円

6 ランゲ1 タイムゾーン

“アシンメトリーな文字盤が個性的な名作!”

6番目におすすめするのは 「ランゲ1 タイムゾーン」です。

A・ランゲ&ゾーネは、世界5大時計ブランドに数えられるドイツの一流ブランドです。
ランゲ1は、アシンメトリーな顔立ちが印象的な名作コレクションです。
ドイツらしい、洗練された機能美に溢れる美しい姿は大人の品格を感じさせます。
タイムゾーン」モデルでは、全部で24ある時間帯に対応する都市名が24都市リングに刻まれており、5時位置の矢印が現在表示中の時間帯を表すワールドタイムウォッチとなっています。

新品予算:300万円~600万円

7 マスターバンカー

“ビジネスマンに向けたタイムピース!”

7番目におすすめするのは 「マスターバンカー」です。

フランクミュラーは、革新的な時計でセレブの心をつかむ高級時計ブランドです。
マスターバンカーは、国際時間が把握できるよう銀行マンの依頼を受けて創業者が作成した時計をルーツにもつコレクションです。
メイン文字盤の中に配された2つのインダイアルで瞬時に世界3カ国の時刻が読み取ることができます。
驚きなのは”一つのリューズで全ての時刻合わせできる仕組み“となっており、この独自機構は特許を取得しています。

新品予算:120万円~350万円

8 オーヴァーシーズ ワールドタイム

“優美を極めるスポーツウォッチコレクション!”

8番目におすすめするのは 「オーヴァーシーズ ワールドタイム」です。

ヴァシュロン・コンスタンタンは、世界3大時計ブランドに数えられる名門ブランドです。オーヴァーシーズは、同社きってのスポーツウォッチコレクションです。
どこまでも洗練されたスタイリッシュなデザインが好印象のタイムピースとなっています。
ワールドタイムモデル」は、世界各国の時刻が表示できる機能を備えています。
防水機能と耐磁性構造を持つスポーティな仕様は、毎日身に着ける常用時計としても抜群のパフォーマンスを発揮してくれます。

新品予算:250万円~600万円

9 モンブラン 4810 デュアルタイム

“海外旅行にも最適な上品なドレスウォッチ!”

9番目におすすめするのは 「モンブラン 4810 デュアルタイム」です。

モンブランは、高級万年筆で知られるドイツブランドです。
モンブラン 4810は、20世紀初頭の大西洋を横断した有名な遠洋定期船にインスピレーションを得て誕生したコレクションです。
落ち着いたオーセンティックなデザインは世代や時代を選ばず合わせることができます。
デュアルタイム」モデルでは、 2つの時刻を表示することができ海外旅行や海外ビジネスに便利です。

新品予算:25万円~50万円

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか?
世界を飛び回る男性へおすすめのGMT・UTC・ワールドタイムウォッチをご紹介いたしました!
今回ご紹介した時計は、いずれも格式あるブランドであり間違いないステータスと価値を備えています。
あなたの旅の相棒にご検討くださいね!

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告