年代別

新社会人や若手ビジネスマンにおすすめの腕時計ブランド10選!

新社会人や20代の若手ビジネスマンにおすすめしたい腕時計ブランドをご紹介していています。

2020.6.1 / 3637

腕時計」はビジネスマンにとって欠かせない必須といえるアイテムです。

瞬時に時刻を確認する役割はもちろん、スーツなど装いを大人らしくビシっと決める上でも大きな役割を果たします。

そんな腕時計は、デザインも品質も価格もさまざまです。
学生時代であればカジュアルウォッチでも問題なかったところですが、社会人のビジネスマンになるとやはりそれでは格好が付きません。
特に大人の世界では、腕時計を見てその人のステータスを測ることも少なくありません。
あまりにチープでラフな腕時計を身に着けていると、取引相手や顧客から信頼を得れなかったりしまうこともあるでしょう。
逆に、適切な時計を身に着ければ良い印象と信頼を得ることができます

そこで!
今回はそんな新社会人や20代の若手ビジネスマンにおすすめしたい腕時計ブランドをご紹介していきたいと思います!

広告

新社会人・若手ビジネスマンのに相応しい時計とは?

そうはいってもどういう時計が適しているのか難しいと思われるかもしれませんね。

新社会人や、入社数年の若手ビジネスマンは、上司や取引先など自分より地位の高い人と接するのがほとんどです。

あまりに高額であったり派手な時計を身に付けてしまうと、相手に嫌味を与え不快感を抱かせてしまうこともあります。

つまり、ある程度予算を抑えながらもしっかりとしたステータスと誠実な印象を与える時計を選ぶことがベストだといえるでしょう。

広告

おすすめランキング!

1 セイコー

“ビジネスウォッチでもやはり大定番!”

1番目におすすめするのは 「セイコー」です。

誰もがご存知のセイコーですが、クオーツ時計の名手として時計界でもその名は広く知られています。
リーズナブルなプライスながら、完璧な精度を誇る時計は世界中で愛されています。
控えめなデザインで実直な印象を与える時計は周囲からの印象もよくビジネスシーンにおいても最適で、大定番となっています。
日本人に似合う落ち着いたデザインと、安心のジャパンメイドは時計初心者の人にもおすすめです。

新品予算:2万円~80万円

2 ハミルトン

“世界中で愛されているアメリカンブランド!”

2番目におすすめするのは 「ハミルトン」です。

ハミルトンは、アメリカの一大時計ブランドです。
アメリカ軍の公式時計として採用されたり、ハリウッドスターや大統領にも愛されるなど国民的ブランドです。
スイスメイドの確かな品質ながら、リーズナブルな価格が魅力となっています。
洗練されたデザインは、価格以上の高級感をまとっています。
ビジネスマンには正統派ドレスウォッチの「ジャズマスター」がイチオシです。

新品予算:5万円~20万円

3 オリス

“高いコストパフォーマンスで人気のスイスブランド!”

3番目におすすめするのは 「オリス」です。

オリスは、コストパフォーマンスに優れるスイスウォッチを人気を集めるブランドです。
創業1904年とロレックスよりもさらに古い歴史を持ち、長い歴史に裏打ちされた確かな品質の時計を作り続けています。
ダイバーズウォッチレーシングウォッチを中心に機能的で、実用性に優れる製品がウリとなっています。
オンでもオフでも活躍してくる1本となるでしょう。
無理のない価格帯で本格的なスイス時計を求める人に、オリスは文句なしにおすすめできます。

新品予算:10万円~20万円

4 シチズン

“最新テクノロジー時計を生み出す国内ブランド!”

4番目におすすめするのは 「シチズン」です。

シチズンは、日本人なら誰もがその名を知っているおなじみの時計ブランドですね。
最新テクノロジーを駆使した抜群の実用性を誇る製品を生み出しています。
特にソーラー電波時計においては、シチズンの最大の強みでもありその完成度ではトップメーカーです。
安心の日本品質に加え、非常に求めやすい価格も大きな魅力です。
日々アクティブに活動するビジネスマンにも大きなサポートとなるでしょう。

新品予算:1万円~20万円

5 ティソ

“世界中で多くの人に愛用されているスイスブランド!”

5番目におすすめするのは 「ティソ」です。

ティソは、日本での知名度は高くありませんが世界一の時計生産量を誇る一大ウォッチブランドです。
スイスメイドの確かな品質ながら、主な価格帯は約3万円~20万円程度までと非常にリーズナブルな価格を実現しています。
ラインナップも非常に豊富で、優美なドレスウォッチから爽やかなスポーツウォッチまで展開されています。
どの製品も隙のない洗練されたデザインで高級感をまとっています。
クオーツモデルも充実しているので時計初心者の人でも選びやすいブランドです。

新品予算:5万円~20万円

6 タグ・ホイヤー

“スポーツウォッチで名を馳せる一流ブランド!”

6番目におすすめするのは 「タグ・ホイヤー」です。

タグ・ホイヤーは、スポーツ界で栄光を重ねる一流高級時計ブランドです。
日本でもオメガやブライトリングなどと並ぶ高い人気を誇っています。
多くの一流アスリートや有名人にも愛用されていることでも知られています。
都会的な雰囲気の洗練されたスポーツウォッチとなっており、どんな服装にも似合うデザインが魅力です。
ここで紹介する他のブランドに比べると高額ですが、ブランドのステータスを考えれば間違いのない価値を備えており、どこへ着けて行っても恥のない時計です。

新品予算:20万~120万円

7 オリエント

“精巧な機械式時計を生み出す国内ブランド!”

7番目におすすめするのは 「オリエント」です。

オリエントは、創業以来一貫して機械式時計を作り続けてきた国内ブランドです。
優れた品質に釣り合わない非常にリーズナブルな価格設定で、世界の時計メゾンを驚かせています。
基本に忠実な正統派といえるスタイリングは、時代や世代を選ばない時計となっています。
実直で落ち着いた雰囲気は周囲からも好印象で、ビジネスシーンにおいても最適な時計といえるでしょう。
初めての機械式時計としてもおすすめです。

新品予算:2万円~20万円

8 ノモス

“シンプルモダンで人気を高めるドイツブランド!”

8番目におすすめするのは 「ノモス」です。

ノモスは、非常にシンプルな薄型ドレスウォッチを展開しているドイツのブランドです。
近年のシンプルデザインの流行もあり、おしゃれにこだわる20代・30代を中心に国内でも人気を高めています。
スマートで上品なデザインは、スーツにもとても似合いビジネス時計にももってこいです。
簡素ながらファッショナブルなノモスは、広告系やアパレル、美容関係といったセンスが問われるビジネスマンに特におすすめです。

新品予算:15万円~40万円

9 ブローバ

“アメリカ発祥のブランド”

9番目におすすめするのは 「ブローバ」です。

ブローバは、宝石店から始まり100年以上の歴史を誇るアメリカの老舗時計ブランドです。
日本ではそれほど知られていませんが、アメリカ国内では絶大な支持を集めています。
ファッショナブルなデザイン性に定評があり、仕事も遊びもおしゃれに決めたい20代、30代の若い世代におすすめです。
確かな品質を持ちながらも、かなり割安な価格設定も大きな魅力です。
メジャーブランド以外を選びたい人におすすめです。

新品予算:2万円~10万円

10 エポス

“スイスメイドをリーズナブルな価格で展開するブランド!”

10番目におすすめするのは 「エポス」です。

エポスは、スイスメイドの本格機械式時計を求めやすい価格で展開しているブランドです。
正統なデザインのものから一風変わったものまで幅広いコレクションを展開しています。
ベーシックコレクションは10万円以下から購入できます。
少しユニークさもあるデザインも魅力です。
機械式時計の入門ブランドとしてもおすすめします。

新品予算:8万円~20万円

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回紹介してきたブランドは、社会人として恥じることないステータスを持ったブランドばかりです。
自分で購入するのはもちろん、プレゼントウォッチとしても最適です。
きっと仕事の上での頼れる相棒になること間違いありませんよ!

この記事へのコメント

まだ書き込みはありません

コメントを残す


広告